奥宇賀屋|三代目しじみ漁師の投稿一覧

\こんにちは/三代目蜆漁師の奥宇賀屋です。


昔から体にいいとされるシジミ。
実際にどんな効果が期待されるのでしょうか。
シジミの効能について、7回シリーズで紹介していきます。



「だから!摂りたい。シジミ7つの効能」
第5回目は「悪阻・授乳中の栄養補給」

妊娠中は食生活が特に重要です。
カルシウムや鉄分を十分に補給してかつバランスのよい食事をすることが大切だと言われています。
積極的に摂りたい食材の中に「シジミ」も含まれています。
実際に、私のご購入者の方にも悪阻中に食べたいものがない中、しじみ汁なら飲めたので重宝したという方もいらっしゃいました。

また、産後や授乳中は鉄分が不足しやすいと言われています。
お母さんが摂取した鉄分はすぐに母乳に移行して赤ちゃんに届けられるため、鉄分を授乳する前と同様に摂っていると、不足してしまいます。
授乳中の方は、自身の健康のために鉄分を摂るのはもちろんですが、赤ちゃんの健康のためにも、鉄分の多いシジミを食べると良いでしょう。

さらに、妊娠期・授乳期に大事な栄養素として、葉酸があげられます。
葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、細胞の生産や再生を助け、細胞が新しく作り出される場では必須の栄養素です。
胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期や赤ちゃんの発育を促す授乳期には必須だと言われています。

そんな妊婦さんやお母さんにこそ摂っていただきたいシジミをオンライン直売所【食べチョク】で販売しています。
日本一のヤマトシジミをぜひご賞味ください。

【Instagram】はじめました。
@izumo_okuukaya へのフォローをお願いします。
コメント(0)
コメント(0)
\こんにちは/三代目蜆漁師の奥宇賀屋です。

昔から体にいいとされるシジミ。
実際にどんな効果が期待されるのでしょうか。
シジミの効能について、7回シリーズで紹介していきます。



「だから!摂りたい。シジミ7つの効能」
第3回目は「安眠効果」

今年の夏は暑かったですね。寝苦しい夜も続きました。
また、現代はスマホやタブレットがあればいつでもどこでも情報が手に入る時代。
ついついお休み前にお布団の中で見てしまいがちですが、脳が刺激されて熟睡できなくなり、次の日疲れが溜まりやすいとされています。

そんな気候変動やデジタル化時代の安眠対策にもシジミは効果があると言われています。
シジミに多く含まれるオルニチンを摂取すると、ストレスを感じたときに生成される「ストレスホルモン」が抑制されます。
この効果により、眠りや目覚めが良くなると言われています。
「なんだか目覚めが良くないなー」「しっかり寝たはずなのに疲れが取れないなー」という方には、シジミがおすすめです。


オンライン直売所【食べチョク】で宍道湖産ヤマトシジミを販売しています。
日本一のヤマトシジミをぜひご賞味ください。

【Instagram】はじめました。
@izumo_okuukaya へのフォローをお願いします。
コメント(0)
\こんにちは/三代目蜆漁師の奥宇賀屋です。


昔から体にいいとされるシジミ。
実際にどんな効果が期待されるのでしょうか。
シジミの効能について、7回シリーズで紹介していきます。



「だから!摂りたい。シジミ7つの効能」
第2回目は「美容・美肌効果」

大手化粧品メーカー「ポーラ」が実施している「ニッポン美肌県グランプリ」で、7回中5回も全国1位に輝いている島根県。
その主な要因は、短い日照時間や空気中の水分量が多いといった気象条件とされています。
一方で、島根県には美肌に効果があるとされる温泉や食べ物があり、美肌を育む環境が整っているからいう見方もあるようです。
もしかすると、漁獲高・消費量ともに日本一の「シジミ」もその一因なのかもしれません。


実際にシジミには、肌の保湿効果が期待できるビタミンAや、神経痛の改善に効果的なビタミンB12 、ビタミンEの抗酸化作用など、美肌や健康長寿におすすめの栄養素が満載です。
シジミはアンチエイジングには欠かせない食材と言われており、血液の流れを良くして肌をイキイキと見せてくれ、新陳代謝を活発にすることでシワやシミ予防にもおすすめの食材です。
また、アミノ酸の一種「オルニチン」が多く含まれており、しじみ汁でいただくなら身までしっかり食べることが秘訣のようです。

そんな女性に嬉しい宍道湖産ヤマトシジミをオンライン直売所【食べチョク】で販売しています。
身までしっかり食べられる大粒のシジミをご用意しますので、この機会に日本一のヤマトシジミをぜひご賞味ください。

【Instagram】はじめました。
@izumo_okuukaya へのフォローをお願いします。
コメント(0)
\こんにちは/三代目蜆漁師の奥宇賀屋です。


昔から体にいいとされるシジミ。
実際にどんな効果が期待されるのでしょうか。
シジミの効能について、7回シリーズで紹介していきます。



「だから!摂りたい。シジミ7つの効能」
第1回目は「疲労回復・風邪予防」

土用の丑の日には一般的に鰻を食べる習慣がありますが、これは江戸時代に始まった習慣で、それより以前からシジミも食べられていたようです。

「土用のシジミは腹の薬」という言葉もあるそうで、夏の暑さに負けないよう、夏バテ予防・疲労回復のため食されていたようです。

では、なぜシジミは疲労回復・風邪予防につながるのでしょうか。

それは、シジミには、菌やウイルスが付着しやすい目や皮膚の粘膜を保護する効果がある「カロテンβ(ビタミンA)」や、代謝アップ・疲労の回復効果が期待できる「マンガン」「コハク酸」「オルニチン」など豊富な栄養素が含まれているため!

骨を健やかにする「カルシウム」が多いのもうれしいポイントですね。

今年の夏は特に暑かったですね。

9月に入ってからも続いた暑さもようやく和らいできました。
暑かった夏の疲れを癒すのにシジミはいかがでしょうか。

オンライン直売所【食べチョク】で宍道湖産ヤマトシジミを販売しています。

日本一のヤマトシジミをぜひご賞味ください。

【Instagram】はじめました。
@izumo_okuukaya へのフォローをお願いします。
コメント(0)

この投稿をした生産者

この生産者の商品

商品一覧へ