【小江戸黒豚】数量限定!黒豚希少部位の食べくらべセット!ロース・肩ロース・バラ・豚トロ・カシラ(500g)5㎜スライス・焼肉用《フレッシュな冷蔵でお届け》

【小江戸黒豚】数量限定!黒豚希少部位の食べくらべセット!ロース・肩ロース・バラ・豚トロ・カシラ(500g)5㎜スライス・焼肉用《フレッシュな冷蔵でお届け》

<商品について>
「小江戸黒豚」は、英国系バークシャー種の純粋黒豚で、埼玉県川越市の自家農場で大切に育てています。川越の名産でもある「さつまいも」を食べて育っており、特に脂に甘味があるのが特徴の黒豚です。

小江戸黒豚のいろいろな部位を楽しんでもらえる、「食べくらべセット」をご用意いたしました。
その中でも希少部位を含む、おすすめ5種類のセットをお作りいたしました。

焼肉やいろいろなお料理に使いやすい、5㎜の厚さにスライスしました。
黒豚肉の旨味と脂の甘味を、焼肉などでたっぷりお召し上がりください。


《各部位の特徴とおすすめの調理方》

○ロース肉
きめ細かくて柔らかい、赤身と脂身のバランスが良い部位です。特に脂身に、小江戸黒豚の甘味と旨味とがギュッと詰まっています。
おすすめの調理方法は、とんかつやポークソテー、贅沢にステーキ風生姜焼きにも。
筋切りをすると加熱したとき肉が縮まず、火が均一に通ります。

○肩ロース肉
肩ロースは豚肉らしい、代表的な部位と言われています。コクがある濃厚な味わいが楽しめる部位です。
おすすめの調理方法は、とんかつ、生姜焼き、シチューやポトフなど。焼く、煮る、揚げる、炒める・・・どんな料理にも合います。

○バラ肉
赤みと脂肪が層になり、三枚肉ともいわれているのがこの部分です。キメは粗いですが濃厚な脂身が特徴でやわらかく、こってりとしてボリュームがあります。
特に小江戸黒豚の脂の甘味や旨味を楽しみやすい部位です。
おすすめの調理方法は、角切りにしたものは角煮、シチュー、酢豚におすすめです。薄切りは、炒め物や豚汁などに適しています。

○豚トロ
豚の頬から肩のネック(首)部分で、一頭から1kgも取れない超貴重部位です。
トントロの名前の由来は、マグロのトロのように脂肪が多く、美味しいことから、「豚トロ」の名が付いたと言われております。
おすすめの調理方法は、焼肉!

○カシラ肉
頭部の筋肉(こめかみから頬にかけて)の部位です。弾力があり脂身が少ないので食べ応えがあります。脂身は少ないのですが、とてもジューシーな味わいです。
おすすめの調理方法は、焼肉!


<原材料・アレルゲン・保管方法・賞味期限>
原材料:豚肉(国産)
アレルゲン:豚肉
保管方法:冷蔵庫で保管してください。
賞味期限:発送後 3日


<発送方法>
ヤマト運輸のクール冷蔵便でお届けいたします。


※写真はイメージです。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る