【増量中】超特大ホンビノス貝10個+2個(規格外)合計2.5kg以上(1個200g以上)【かんたんレシピ付き】

【増量中】超特大ホンビノス貝10個+2個(規格外)合計2.5kg以上(1個200g以上)【かんたんレシピ付き】


*超特大サイズのおすすめする食べ方(バターソテーとお刺身)*

定番の浜焼きや酒蒸しも美味しいのですが、私たちのおすすめする食べ方は、ホンビノス貝のバターソテーとお刺身です!
【ホンビノス貝のバターソテー】
①貝をハンマー等でヒビが入るくらい軽く割り貝柱4か所を包丁等で切り貝殻から身を取り出します。
②取り出した剥き身は水気を取り、包丁で開きのように身を半分に切りサラダ油を入れたフライパンで炒め、ブラックペッパー・酒を少々入れて蓋をしてしばらく蒸します。
③めんつゆを回しかけ、バターを入れて溶かし全体がなじんだらホンビノス貝のバターソテーの完成です!
※塩分がある貝なので、めんつゆの入れ過ぎには注意してください。
【ホンビノス貝のお刺身】
①貝をハンマー等でヒビが入るくらい軽く割り貝柱4か所を包丁等で切り貝殻から身を取り出します。
②身の黒い部分の腸(はらわた)に切込みを入れを水道を使い指で腸を取り除きます。
③沸騰した鍋に身を5秒間位、湯銭し直ぐに氷の入った冷水につけてから包丁で身を食べやすい大きさに切りましたらホンビノス貝のお刺身が完成です!
④ワサビ醤油でお召し上がりください。
※超特大サイズは筋肉質で貝柱が強いので火を入れても口が開きにくい特性があります。
<味>
粒が大きくて肉厚、味が濃く出汁がしっかり出ます。酒蒸しはもちろん、お味噌汁やクラムチャウダー、パスタ料理、バーベキューで浜焼きにもおすすめです!レシピが記載されているチラシを同梱致しますので是非参考にしてください。
砂抜き処理はしてありますが気になる方は海水ほどの濃度の塩水に浸けて冷暗所に2時間~一晩置くことでしっかり砂が抜けます。
調理前に流水で殻をこするように、ごりごり洗って汚れやぬめりを取り除いてから調理してください。
※生食用ではありませんので必ず加熱調理してからお召し上がりください。火を入れ過ぎると食感が硬くなりますのでご注意下さい。

<保存方法>
商品到着後、冷蔵庫に保存し2日以内に遠方へのお届け場合はその日のうちにお召し上がりください。
※輸送時の衝撃や振動で貝殻に傷が入ることがあります、傷の入ったホンビノス貝は、貝殻の中で身が動く際に自ら貝殻を割ってしまう事があります。

<栽培のこだわり>
ホンビノス貝は大捲「おおまき」とよばれる漁法により漁獲することでホンビノス貝に対しストレスやダメージが少なく新鮮な状態でお届けすることができます。
大捲漁法の動画をこちらのサイトからご覧いただけます。https://youtu.be/9YWNPW5HQgQ

<産地の特徴>
三番瀬「さんばんぜ」は東京湾の最奥部に広がる干潟、浅海域です。日々繰り返される干満により、土の中に酸素が供給され、さらに三番瀬に流れ込む複数の河川がミネラルなどの養分を運んで海水中に栄養分が豊富にふくまれているため多くの生き物を育てています。

<品種など>
三番瀬ホンビノス貝
※漁獲場所の水温や水深または海底の底質によって殻色が変色し白色、又は黒ずんでいる物もありますが中身は変わらないのでご了承ください。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る