マンガリッツア豚 こま切れ
マンガリッツア豚 こま切れ
マンガリッツア豚 こま切れ
マンガリッツア豚 こま切れ

マンガリッツア豚 こま切れ

649 売り切れ
脂のおいしさを売りにしている豚肉ですが、脂 多め少な目をお伝えいただければできるだけ対応いたします。(ひき肉/
加工品は指定できません。)
ギフト熨斗対応できます。

🛒カート機能によりハヤシファームの商品のまとめて同梱発送ができます。(冷凍品と冷蔵品は冷凍発送)
マンガリッツア豚 こま切れ 300g

マンガリッツア豚はハンガリーの生きた国宝です。
一般豚の倍以上の日数で育てました。

開発中につき特価販売です。脂肪融点29℃ 和牛より低いです。


合わせ買いに。🛒 冷凍、300g 真空、賞味期間製造より3ヶ月

焼肉の街、信州飯田から。

<栽培のこだわり>
農場で独自ブレンドした米麹、雑穀ヌカ、そばなど他には入手困難な飼料を与えた安全でおいしい豚肉です。
与えたはちみつは神住む村といわれる南信濃産です。


<産地の特徴>
焼肉の街、信州飯田から。
信州伊那谷は南アルプスと中央アルプスの間に位置し、昔から平地では農産物を作り、傾斜地で馬の飼育が盛んな土地でした。そのため、「牧」と名の付く地籍が多数みられます。また、馬肉を食べる文化があるのもそのためです。
 戦後、食生活向上のために養豚が全国に広がりましたが、温暖で穀物物流の良い、九州、愛知、北関東が中心となりました。伊那谷も当初は養豚が盛んな土地でしたが、寒暖の差が激しく、飼育の際の温度管理はコストがかかり、難易度も高い事から、今では養豚農家の数は、ピーク時の10分の1になっています。
 ハヤシファームは、この伊那谷の急傾斜地で、南アルプスや恵那山の見えるロケーションの良い場所にあります。養豚業にとって厳しい環境を活かして、こだわりの美味しい豚を育てています。

 やわらかく、脂肪の上昇融点が38度で、美味しさの指標と言われているオイレン酸や遊離グルタミン酸の含有量が高くなるような甘味のある美味しい豚肉が特徴です。そのため、飼料からコーンを外し、何度もロットを区切った試験を繰り返した結果、アーモンド、そば、など植物系主体としております。また、ハーブや生菌剤を与えて、なるべく抗菌剤に頼らない元気な豚づくりに努めていおます。

画像は調理例のものもあります。
商品説明をもっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る