【美味しそうに焼くコツ!】鮎の塩焼き(魚焼きグリル)

【美味しそうに焼くコツ!】鮎の塩焼き(魚焼きグリル)

信州あゆ 臼田養魚場

長野県 上田市

信州あゆ 臼田養魚場

鮎料理の王道、鮎の塩焼きのレシピです。
ご自宅の魚焼きグリルを使った調理法をご紹介します。

塩をふって焼く以外の工程は省略可能!
でも、
ポイントをおさえてほんの少し手を加えるだけで、プロのような焼き上がりになります☺

材料(2)

  • 信州あゆ
    2~4尾
  • 少々
  • 竹串(あれば)
    2~4本
clock 調理時間:15分

作り方のコツ・ポイント

ヒレやしっぽは焦げ落ちてしまいやすいので、たっぷり塩を塗るのが綺麗に焼き上げるコツ。
魚の表面には、「ヒレに塗るついで」程度の量で十分です。
ヒレを広げながら塩をすりこむと、焼きあがったときにヒレがピンッと立って躍動感が出ます。←ここが一番のコツ!
また、竹串を挿してから焼けば、さらに躍動感がアップします!

このレシピの考案者

信州あゆ 臼田養魚場

長野県 上田市

信州あゆ 臼田養魚場

臼田養魚場の5代目、臼田雄司と申します。
当社は、長野県上田市でこだわりの「信州あゆ」と「信州鯉」を育てて130年あまりになります。
私は「先代たちの伝えてきた鮎と鯉の魅力を絶やさず、より多くの人に味わってほしい」と思い、養殖の道を志しました。
田舎の小さな養魚場で、すべての魚に目を配り、丁寧に育てています。
信州・長野県から、こだわりの料亭やレストラン、老舗旅館、リゾートホテルに上質な鮎を届けています。

【注意事項】

  • このページでは、生産者の方のアイデアや見解をもとに、レシピをご投稿いただいております。
  • 食べチョクのレシピの利用はお客さまの責任において行われるものとし、当社は、お客さまのレシピの利用によって生じた損害について、一切責任を負わないものとします。
  • 妊娠中の方や乳幼児、ご高齢の方、食物アレルギーや疾病をお持ちの方などに向けた安全性は確認しておりませんので、レシピの利用にはご注意ください。