小玉につき訳ありです。12月の葉とらずサンふじ3キロ
小玉につき訳ありです。12月の葉とらずサンふじ3キロ
小玉につき訳ありです。12月の葉とらずサンふじ3キロ
小玉につき訳ありです。12月の葉とらずサンふじ3キロ
小玉につき訳ありです。12月の葉とらずサンふじ3キロ

小玉につき訳ありです。12月の葉とらずサンふじ3キロ

※運営からのお知らせ※


~令和3年8月豪雨の影響について~

大雨により、60haの畑に植えてあったりんごの木60本が水没してしまったそうです。これにより約150万円の被害がでてしまったそうです。
また収穫期を迎えておりました桃はすべて収穫できなくなってしまい
お客様にお届けすることができなくなってしまいました。

ぜひ応援よろしくお願いいたします。

年末年始休暇のお知らせ

下記の期間は、年末年始休業とさせていただきます。
[期間]
2018/12/29 ~ 2019/01/03
商品発送は01/05より順次対応させていただきます。

日本で生まれた世界生産量一位のりんごの王様!
「ふじりんご」は甘み良し、酸味良し、歯ごたえ良しと三拍子そろった美味しいりんごです。
中でも袋をかけず、お日様たっっぷり浴びた「サンフジ」は当園の主力りんごとなっています。
ここ長野県では11月2日より市場出荷が始まっております。

樹上にて完熟した12月の葉とらずりんごはりんごの真骨頂です。
木に負担の相当かかる葉とらず栽培はあまり多くの農家さんは行っていないと言われます。ましてや遅採りはさらに負担となってしまうそうです。
しかし当園では12月にたくさんりんごが残るようゆっくりと収穫し、12月までじっくりと甘みを蓄えた自慢の葉とらずりんごをぜひみなさまにお届けしたいと思っています。
12月のりんごは甘みたっぷりで蜜入りもいよいよ良くなってまいります。
1月まで保存していただきますと、その蜜は甘みと姿を変え果実全体に広がっていき、やがて蜜は消えていきます。
その時期その時期のサンフジの移りゆく美味しさをお楽しみください!


訳有小玉3キロの規格となります。

小玉の中には小さな傷、軽いつる割れのりんごも混じることもありますが、皮を剥く際取り除いていただければ問題なくお召し上がりいただけるものになります。
(傷のあるのもは痛みやすくなっておりますのでお早めにお召し上がり下さい。)

梱包は下に一枚りんご用のノバシートを敷いた上にりんごを並べ、隙間に新聞紙を詰めるのみとなっております。配送に気をつけてもらえるようシールを貼っていますが、配送中にあたってしまうことなども稀にあります。軽いものに関しましてはお早めにお召し上がり頂けますようお願いしておりますが、ひどいものに関しましてはご連絡願います。

りんごは一つ160g〜200gほどとなります。
大きさによって個数は変動しますが、3キロで15個位入ります。

また12月のりんごは当園では食べチョクさん以外の出荷も多くなっております都合、出荷まで少しお時間頂いてしまう場合がございます。
できる限りでお早めに出荷いたしてまいりますので何卒ご猶予いただきたいと思います。


<栽培のこだわり>

カエルフルーツカンパニーでは葉摘を行わない葉とらず栽培をしています。
葉摘とはりんごを赤くするため葉っぱを摘む作業で、通常市場に出回るりんごはだいたい葉摘という作業をして出荷されております。

私どもカエルフルーツカンパニーでは、見た目の赤さにばらつきは出てしまいますが、葉摘をしないことでより多くの甘み成分をりんごに蓄えてもらったほうが良いりんごかできると思っています。
りんごの持つ最高の美味しさを皆さまに体験していただきたい。
そんなこだわりでこういった栽培方法を取っています。

草刈りをして、なるべく除草剤を使わない圃場で栽培しています。
また受粉にはマメコバチを導入し、自然に近い栽培を目指しています。
農薬の使用は最低限を目指し、コンフューザーというフェロモン剤で害虫対策を行っております。

<産地の特徴>

晴れの日が多く、千曲川から流れる栄養たっぷりの水で作られる酸性土壌の小布施町は栗や北斎で有名ですが、果物の適地としても知られています。
カエルフルーツカンパニーはそんな小布施町の美味しい果物に惹かれ、農業の世界に飛び込みました。
小布施町の果物はとにかく何を食べても美味しい!
そんな小布施町でなるべく除草剤を使用しない草がいっぱいの大地で育てる草生栽培や葉っぱを摘まない葉とらず栽培など、自然に逆らわない栽培を心がけ、自然にも人にも優しく美味しいものを作っていきたいです。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る