梅農家さんならではのコツ満載! 農家さんと一緒に行う 有機梅で梅仕事(梅酒&梅シロップ)体験ワークショップ【開催レポート】

2024/07/03 更新

2024年6月15日(土)、食べチョクは梅の季節に合わせ、「有機梅を使った梅仕事(梅酒&梅シロップ)オンライン体験」を開催しました。梅の生産者さんから直接教えてもらい、学びながら梅仕事ができるワークショップです。梅酒作りや梅シロップなどの梅仕事をしてみたい方や、有機栽培のことを学びたいという食べチョク会員の方にご参加いただきました。梅農家さんならではのコツが満載だったので、その様子を少しだけご紹介します!

講師の生産者さん

参加してくださったのは、有機栽培にこだわる二人の梅農家さん。自然の力を借りて梅を育てる技術と熱意をもって、参加者に梅の知識と栽培の秘訣を伝えてもらいました。

「有機栽培《JAS認証》農家・古果園 (こかえん)」古田様

『安全・安心・健全で免疫力の高い』農作物をお届けしたいとの思いで、有機栽培を行っている生産者さんです。

「紀州高田果園」高田様

土造りが一番大切と考え、肥料作りからはじまり生産~加工~販売まで、一貫して有機栽培の梅や梅干しを生産している生産者さんです。

食べチョク梅仕事梅生産者さん

梅酒・梅シロップの材料

梅酒と梅シロップの材料は、それぞれこちらです。

【梅酒&梅シロップ共通】

・仕込み用の瓶 ※梅シロップと梅酒の両方を作りたい場合は2瓶必要
・竹串1本
・キッチンペーパー適量
・青梅1kg

【梅酒】

・氷砂糖500g
・ホワイトリカー1.8L ※またはお好みのお酒
・ホワイトリカー(消毒用)10cc ※上記のお酒と同じでOK

【梅シロップ】

・氷砂糖500g
・上白糖500g
・消毒用のアルコール

食べチョク梅仕事準備

さっそく梅酒作り。生産者さん直伝のコツ

生産者さんから直接教えていただきながら、梅酒作りのコツを実践。梅や砂糖の入れ方や梅の選び方について具体的なアドバイスがありました。そのアドバイスをもとに、参加者の皆様と梅仕事を進めていきました。

食べチョク梅仕事梅酒

〇生産者さん直伝!梅酒作りのポイント

・黄色い熟した梅でつけるとまろやか、青い梅でつけるとさわやか、味が変わる
・梅酒用の梅はしっかりと拭いて水気を取る
・氷砂糖は底につかないように梅に重ねて入れる
・梅酒はロックがおすすめなので、美味しい梅で作ってほしい

続いて梅シロップ作り。生産者さん直伝のコツ

同じく、梅シロップ作りでは、梅と砂糖の層をどのように重ねるかなどの細かなポイントがありました。こちらも参加者が自ら手を動かし、美味しいシロップ作りにチャレンジしました。

食べチョク梅仕事梅シロップ

〇生産者さん直伝!梅シロップ作りのポイント

・梅シロップ用の梅は水気を拭き取りすぎないほうがいい。砂糖と馴染んで美味しくなる。
・氷砂糖と上白糖を入れる場合、上白糖は底に落ちやすいため中間部分と最後に上から入れるのがおすすめ
・上白糖はしっかりと梅に当たるように入れると美味しい梅シロップができる
・水で割らずにかき氷にかけるのがおすすめ

参加者の感想

イベント後、参加された方からは、「梅農家さんのお話を直接伺うことができて親近感が湧きました!」「作物への愛着も感じられました!」「梅仕事だけではなく有機農業についても勉強になりました」といった声が寄せられました。集合写真では、皆さんの満足げな笑顔が印象的でした。

食べチョク梅仕事

【完成】さわやかな香りと甘み! 梅シロップ ※追記しました

梅シロップは、1週間ほど熟成させると、飲めるようになります。私たちがイベントで作った梅シロップを、早速10日後にあけてみました。

さわやかな梅の香り

瓶を開けると、さわやかな梅の香りが漂います。砂糖が少し溶け残った瓶から、シロップを注いで水割りに。梅の香りとシロップの甘さに、自然の梅の恵みを感じます。これからソーダ割やビネガー割りなど、様々なアレンジで初夏の味を楽しもうと思っています。

食べチョク梅しごと梅シロップ注ぐ瞬間

梅の果肉も味わおう

梅の実も、やわらかい状態に。ひとくちかじると、梅の酸味と旨みを楽しめます。梅の実を潰して、ジュースと味わうのもおすすめです。

初夏の梅仕事。今年梅シロップを作ってみた方は、飲みごろを見極めて、ぜひお好きなタイミングでお楽しみくださいね。

食べチョク梅しごと梅シロップ

最後に

このイベントで作られた梅酒は半年後から1年後以内に、シロップは1週間以降に各自の家で熟成が進み、完成します。まだ梅の季節は続いていますので、この機会に是非挑戦してみてください。生産者さんの商品は食べチョクのウェブサイトでチェックできます。

有機栽培《JAS認証》農家・ 古果園 (こかえん)

昔懐かしい味!希少な有機栽培和歌山有田みかん古果園【有機JAS認証みかん】サイズ混合・食べきり!3kg
有機栽培《JAS認証》農家・ 古果園 (こかえん)

紀州高田果園

有機JAS認証「昔ながらのしそ梅干」 110g
紀州高田果園

食べチョクで「梅」をお探しの方はこちらから

梅を見る

今後も食べチョクは、新たな食体験をご提供していく予定です。どうぞご期待ください!

この記事をシェアする

トップに戻る

最新のおすすめ記事

【おトクに桃を食べよう】atoneで桃を買うと、抽選で全額ポイント還元のチャンス!

【おトクに桃を食べよう】atoneで桃を買うと、抽選で全額ポイント還元のチャンス!

キャンペーン概要 いまが旬の桃をもっと多くの方に楽しんでいただきたく、特別キャンペーンを企画しました!後払いサービス「atone」で”桃”を購入した方の中から、抽選で30名様にatoneで使える「NPポイント」で全額ポイント還元します。atoneで桃をおトクに楽しみましょう♪・対象者:atoneを利用して食べチョクで「桃」を購入した方・対象商品:キャンペーン対象の桃商品(下部の キャンペーンの適用条件 をご参照ください)・期間:7月16日(火)18:00 ~ 7月31日(水)18:00 ...

2024/07/16 公開

食べチョク利用規約一部変更のお知らせ

食べチョク利用規約一部変更のお知らせ

いつも食べチョクをご利用いただきありがとうございます。このたび、「食べチョク利用規約」を一部改定することとなりました。以下に改定日および主な変更点をご案内いたしますので、ご確認いただけますと幸いです。改定日2024年8月1日主な変更内容・電話や紙での注文を想定し、それぞれの方式に対応する内容を追加いたしました。【一部追加:第2条、第7条~第10条】・まとまる食べチョク便の仕様変更に伴い、一部条項の削除及び定義の追加、それに伴う文言変更をいたしました。【削除:現行規約第10条】【一部追加:第...

2024/07/10 公開

さくらんぼ農家・松栗さんに聞いた!<農家から見た地球> 「さくらんぼは人生そのもの。」 高温障害で不作となってしまった山形のさくらんぼ農家さんのリアルな想いとは

さくらんぼ農家・松栗さんに聞いた!<農家から見た地球> 「さくらんぼは人生そのもの。」 高温障害で不作となってしまった山形のさくらんぼ農家さんのリアルな想いとは

全国的な猛暑により、令和6年6月に山形県を中心にさくらんぼの実が熟しすぎて柔らかくなるなど、高温障害の被害が発生し、不作となりました。大変な状況の中、山形県でさくらんぼを栽培されている「松栗」さんにインタビューさせていただきました(お話をうかがった時期:2024年6月末)。高温障害から来るさくらんぼへの被害と、それにより引き起こされる悲しい出来事を、松栗さんのご許可をいただいてリアルにお伝えします。「美味しい果物で笑顔を世界中に…」山形のさくらんぼ農家、松栗さん今回、インタビューさせていた...

2024/07/03 公開

【桃スタンプラリー開催中!】いろいろな桃を食べ比べて、桃ポイントを貯めよう!

【桃スタンプラリー開催中!】いろいろな桃を食べ比べて、桃ポイントを貯めよう!

硬さも、甘さも、色合いも多種多様!今年はまだ知らぬさまざまな桃と出会う夏に!国内に100種類以上ある桃。スーパーだと品種名が記載されていないため、なかなか意識する機会がありませんが、実は1週間単位で旬の品種が変わっていきます。現在、そんな桃をたっぷり楽しめる「桃スタンプラリー」を開催中!桃を食べれば食べるほど、1ポイント=1円分のクーポンとして使える桃ポイントが貯まります。ぜひ様々な桃を楽しみながら、オトクなポイントを貯めてくださいね。桃スタンプラリーって?桃を2商品以上購入すると、購入商...

2024/07/02 公開

桃農家さんに聞いた!<桃から見た地球> 気候変動や環境変化を100%の農家が実感。やわらかい桃は食べられなくなる‥!?

桃農家さんに聞いた!<桃から見た地球> 気候変動や環境変化を100%の農家が実感。やわらかい桃は食べられなくなる‥!?

食べチョクでは、2024年6月に、桃の農家さんに『桃の栽培に関するアンケート』を実施しました。九州から青森まで、全国25軒の農家さんにご協力いただきました。「気候変動や環境の変化を感じる」と答えた農家さんは100%。どの農家さんも、桃の栽培を通じて、気候変動や地球環境の変化を感じているという結果になりました。「地球環境の変化の影響はなく、対策も必要ない」と答えた農家さんは、青森県の農家さん1軒のみ。それ以外の農家さんは、「環境変化の影響を受け、対策を講じている」という結果となりました。桃か...

2024/07/02 公開

記事一覧