【メール便】鰹乃國の生姜「生姜の粉・乾燥パウダー」10g×3袋

【メール便】鰹乃國の生姜「生姜の粉・乾燥パウダー」10g×3袋

コロナウィルス、自然災害の影響にて一部地域に配送停止、遅延が発生する場合がございます。
大変お手数ですが、ご注文の前にお届け先地域の配送状況のご確認をお願い致します。
【ヤマト急便配送状況・主にクール便】
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/chien/chien_hp.html
【ゆうパック配送状況・主に常温便】
https://www.post.japanpost.jp/newsrelease/index.html

【出荷停止のご案内】
3月14日(日)~3月17日(水)までの間、当園都合により出荷停止となります。
3月12日(金)正午以降のご注文分に付きましては、3月18日(木)以降の発送予定となります。

※コロナウィルスの影響、天候、交通機関の乱れなどに伴い、着日指定などご希望に添えない場合が御座いますので、ご了承の上、時間に余裕を持ったごご注文をお願い致します。
※当注文カートはメール便(ポスト投函)専用の注文カートとなりますので、ご確認の上ご注文のほど宜しくお願い致します。


【希少材料使用・高知県産の親生姜パウダー】

当園で自家採種した親生姜を乾燥パウダーにしました。

生姜パウダー自体は、世の中にいくつもありますが、その中でも「農薬・化学肥料不使用」「自家採種」「親生姜」を使用したものの流通は非常に少ないと思います。

その理由として、無農薬栽培の生姜の自家採種が非常に困難だからです。一般の栽培方法と異なり、収量が少なく、かつ歩留まりが悪いため、ほとんどの生姜農家は毎年種生姜を外部から購入しております。

【親生姜って普通の生姜(囲い生姜)と何が違うの?】

一番大きな違いは土の中にいる期間です。

栽培の流れとしては

2018年3月に初代の種生姜を植付て、11月末に新生姜を収穫 (この新生姜が後に今回の親生姜となります。)

      ↓

2019年3月まで貯蔵、囲い生姜にしてから、その後、種生姜として使えるものを選別

      ↓

2019年4月に種生姜を植付て、11月末に収穫

      ↓

2019年11月末に回収した種生姜を親生姜と呼び、その後、一次選別

      ↓

2020年2月に再び選別、洗浄、加工、製品化

このように2シーズン土の中にいた生姜を使用しており、製品となるまで長い時間と手間を要しております。

また、種に使う生姜は最も出来の良いものを使う必要があるため、

当園の生姜の中でも選りすぐりの生姜と言えます。

【生鮮の生姜との違いは?】

一般的に生姜は生で使うか、加熱して使うかの二通りですが。

生で使用した場合→体を冷やす作用があります。 

加熱して使用した場合→体を温める作用があります。

このように、加熱することで生姜に含まれる「ジンゲロール」という辛味成分が「ショウガオール」に変化するため、それを利用し二通りの使い方が出来ます。

乾燥パウダーは加熱乾燥しており、辛み成分がショウガオールに変化して、体を温める方に向いております。

また、加熱することにより「ジンゲロン」という成分も生成され、脂肪燃焼促進、血行促進、代謝増進などが期待できると言われております。

紅茶などのドリンク、いろいろなお料理と、自分で作るとなると大変な乾燥生姜ですが、この機会にお試し下さいませ。


※親生姜は辛味も強く、香りも豊かですので。ご使用の際は少量ずつお試しください。

※乾燥生姜は刺激が強いため、妊娠中の方や、小さなお子様へのご使用はご注意ください。

また、こちらの生姜パウダーにした親生姜から、2019年に育てた「鰹乃國の生姜」も好評販売中です。

宜しければご一緒にご検討くださいませ。

品種:土佐一

内容量:10g × 3袋
▼ もっと見る