Mt.ファームわかとち

新潟県 小千谷市

Mt.ファームわかとち

食べチョク登録:2021年 07月

Mt.ファームわかとちは、地域活性化、地元の農業の後押しの為、2016年に地元農家によって設立しました。

自然豊かな棚田が一面に広がる土地を活用し、過剰な肥料や農薬の使用を避けた栽培しています。

山々の落ち葉から栄養分を蓄えた土壌、透き通る山の湧水で作られる米や野菜の味を体験して頂きたいです。うんめえオラの米食わねえか?

わたしたちのこだわり

Mt.ファームわかとちとは

Mt.ファームわかとちとは

Mt.ファームわかとちの理念は

「安全な食と自然の豊かさをお届けする」
「地域に育まれた自然環境と食文化の持続を図っていく」
「地域が安心して暮らせる地域コミュニティづくりを目指す」

をフレーズに日々努力しております。

社名も山間地の山、農業の基盤である場、地域ブランドを育てる集落名を入れてスタートしました。

農園のある場所

農園のある場所

私たちの住む若栃(わかとち)は、新潟県小千谷市の中心街から車で山道を登ること約15分ほどの場所にあります。
自然豊かな棚田が一面に広がる小さな集落です。

3m以上の雪が積もる豪雪地帯のため、ミネラル豊富な雪解け水を利用して稲作をしています。
また、標高約200mに位置するため昼夜の寒暖差が激しい場所です。
籾が成長する登熟期に、夜の気温が涼しくなることで、昼間に生み出した「でんぷん質」を蓄え旨みが増していきます。


田んぼの土質は、埴壌土と呼ばれる土壌のため保水力があり、お米の成長に必要な養分が豊富です。そのため、肥料の使用を抑えても、食味の高いお米に育てています。


地域保全のために尽力

地域保全のために尽力

農作物を作ることが農地・集落を守ることに繋がるため、商売のためだけでなく地域保全のためにも尽力しています。
暮らしでは高齢者と向き合い支え合う体制が必要ではないかと思っています。

地域では米を始めとする山菜、野菜が豊富に採れ、それぞれのグレードが非常に高く多くの方々より評価をいただいております。

これからの想い

これからの想い

長期に渡り農地を守ること。また、農作物を通じ地域を知ってもらい、歴史や人に興味を持ってもらい訪れてもらう。そういった関係をお客様と築いていきたいと思っています。

村の宝である産物を高齢者、女性のみなさんと共に付加価値をつけながら、ブランド化を目指しています。

私たちMt.ファームわかとちの商品はすべてこの豊かな自然環境、肥沃な土壌、おいしい山の湧水で作られています。
ぜひ御賞味ください!

この生産者の商品一覧