KTM ファーム

長野県 上水内郡信濃町富濃

KTM ファーム

KTMファームは、東京から2014年信濃町に移住したグラフィックデザイナーが立ち上げた農園です。地元の方々に支えられ、移住2年目、2015年春に開園しました。現在栽培しているのは、スイートコーン、ブルーベリー、ルバーブ、野沢菜、大根、枝豆、ハーブその他果菜類などです。「野菜は自然のくすり」という私たちのキャッチフレーズを実践するため、鮮度のいい野菜の作付だけでなく、いろいろな加工品の実験をしています。農業を始めてから現在まで毎日新しい発見があります。実践で感じる農業の問題はミクロからマクロの観点からも複雑で難しさを感じるようになりました。四季の豊かな信濃町の農業はうまくいっても失敗しても作物の作付けは年一回。出来る事は限られていますが、素人の視点を忘れず、お客様と会話しながら、黒姫山・斑尾山に囲まれた農園から発信していきたいと思っています。