★冷凍★琵琶湖産【天然】小鮎 (500g) 稚鮎小鮎とも

★冷凍★琵琶湖産【天然】小鮎 (500g) 稚鮎小鮎とも

▼商品概要
500gごとの板凍結商品です。

琵琶湖には本当に沢山の鮎が泳いでいるのですが、琵琶湖で泳いでいる鮎はあまり大きく育ちません。
小さいまま産卵して一生を終える事から小鮎と呼ばれています。
鮎の事を「香魚」とも書かれますが、生の小鮎を匂うとスイカの香りがします!
淡水魚なのに脂がたっぷりとのっていて、少し塩をかけて七輪でパチパチ焼いて食べると何とも言えない香りと旨み。
焼き過ぎて水分が抜けてしまった鮎をしゃぶるのがまた美味しくて・・。

▼生産方法、こだわり
できるだけ新しい魚を捕まえる為に深夜0時に船を出して網を仕掛け、深夜2時から網をあげていきます。
あげた網は魚がかかったまま氷水の水槽に入れて網ごと冷やしています。
刺し網漁で獲れる小鮎は苦みが少なく身が柔らかいのが特徴で、我が家は代々この漁法の漁師です。
朝とれた小鮎を急速凍結しています。

▼注文に際しての注意点(配送方法や納期指定など)
ご用意でき次第順次発送となります。
天候不良により出漁出来ない場合もございますため、日時指定は不可としておりますが、週末希望や、◯日以降等、あらかじめお受け取り出来ない日がわかる場合は事前にお知らせ下さい。
出来る限り柔軟に対応させて頂きますので、ご注文前に一度ご相談下さい。

▼食べ方
流水で解凍し、くっついている小鮎がほどけ、
真ん中がまだ少し凍っているくらいが扱いやすいです。
水に浸けっぱなしにしておくと小鮎がふやけてお腹が割れてしまいます。

個人的には天ぷらと塩の組み合わせが最強です。
他には佃煮、唐揚げ、南蛮漬け、フライ、塩焼き、炊き込みご飯、アヒージョ。

▼数量、分量の目安
500g=天ぷらで食べると4人家族でも多いです。天ぷらと南蛮漬け等を少しずつ味わって頂く量かと思います。

1kg=天ぷらと佃煮で丁度良い量かと思います。1kgの魚を佃煮にすると500g前後になります。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る