成瀬農場

岐阜県 瑞浪市

成瀬農場

食べチョク登録:2020年 08月

岐阜県瑞浪市で有機JAS認定の茶園を経営しています。昔ながらの栽培方法にこだわり、農薬や化学肥料には一切頼りません。茶園では5種類の品種を育て、それぞれに適したお茶に加工をします。緑茶、ほうじ茶、茎茶、粉茶といった定番商品だけではなく、岐阜県の特産品にも認定された国産の紅茶にも取り組み、日本人の味覚に合わせた優しい味わいが特徴です。

わたしたちのこだわり

「完熟堆肥」で昔ながらの有機農法

「完熟堆肥」で昔ながらの有機農法

成瀬農場の茶園は有機JAS認定を受けています。それを支えるのは約15年の研究からたどり着いた「自家製の完熟堆肥」で土づくり。お茶が本来持っている力を引き出し、収穫から加工、袋詰めの多くのを手作業で行っています。

厳選された5種類の品種

厳選された5種類の品種

茶園では「やぶきた」「おくみどり」「さやまかおり」「かなやみどり」「べにふうき」の5品種を育てています。特に「べにふうき」は発酵に適した品種で国産の「和紅茶」を作る原料になっています。扱う茶葉は全て成瀬農場の茶園で収穫されたものであり他からの仕入れは行っていません。

岐阜県にも認められた「国産の紅茶」

岐阜県にも認められた「国産の紅茶」

全国的にもまだ珍しい国産の紅茶を生産しています。中でも有機JAS認定の紅茶は珍しくほとんど市場には出回りません。そんなこだわりが認められ「有機和紅茶澪-mio-」は岐阜県が選定する「飛騨・美濃すぐれもの」にも選ばれました。

この生産者の商品一覧