舞姫

長野県 諏訪市

舞姫

食べチョク登録:2020年 08月

舞姫は長野県上諏訪にある創業明治27年の酒蔵です。

「顔の見える酒づくり」をモットーとし、伝統と革新の酒造りを行っています。

酒造りは、伝統手法にもとづき、蔵人が愛情を込めて醸しております。水は美しい大自然が息づく霧ヶ峰高原を源とする清冽なる伏流水。特定名称酒は酒造好適米を使用し、甘・酸・渋・辛・苦の五味が程良く調和した、旨口の日本酒造りに日夜励んでおります。

わたしたちのこだわり

”はちぷろ”と髙尾の天狗

”はちぷろ”と髙尾の天狗

2014年お酒造りを通じて、東京八王子を盛り上げていこう!と始まったまちづくりプロジェクト”はちぷろ”(八王子酒造りプロジェクト)です。”はちぷろ”で企画した「髙尾の天狗」は、八王子産のお米100%です。
はちぷろ会員、八王子市民、契約農家さんと一緒に手作業で田植え、草取り、稲刈りをし、丹精込めて米作りをしました。そして、醸造は長野県諏訪市の酒蔵・舞姫で、蔵人たちが想いを込めて醸しています。
http://www.hachipro.org/

造り手のこだわり

造り手のこだわり

諏訪地方が氷点下の朝を迎える10月下旬から、 酒造りが始まり、春の便りが聞こえる2月末に造りが終わります。
舞姫では、守るべき伝統を継承し、時代に合わせて進化し ていく酒造りをモットーにしております。社員杜氏、女性 蔵人を中心に手間を惜しまず昔ながらの技法で、麹造りは 箱麹、麹蓋、醪は長期低温発酵で醸します。

鮮度の高い日本酒を飲んでもらいたい

鮮度の高い日本酒を飲んでもらいたい

舞姫では、従来蔵元に足を運ばなければ味わうことのでき なかった鮮度の高い日本酒を提供するため、年間を通して 氷点下での瓶貯蔵を行い、常にできたてのフレッシュな味 わいのお酒を届けることを心掛けています。
寒仕込み蔵ではありますが、常にしぼりたて、爽快な日本 酒の魅力を最大限に味わっていただくことで、日本酒の価 値向上を目指しております。

諏訪五蔵の一つ、舞姫

諏訪五蔵の一つ、舞姫

長野県諏訪市の甲州街道沿い、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並ぶ一帯があります。同じ霧ヶ峰の伏流水を仕込み水に使いながら、それぞれに特徴のある個性豊かな酒を醸し続けてきたその5つの蔵は、「諏訪五蔵」と呼ばれるようになりました。「舞姫」はその諏訪五蔵の一角を担い、「顔の見える酒づくり」をモットーとして伝統と革新の酒づくりを行っています。髙尾の天狗は、この日本酒の本場で造られたのです。

この生産者の商品一覧