ヒルナンデスで紹介された 刺身で食べる鯖 長崎ハーブ鯖 三枚おろし 2匹分

ヒルナンデスで紹介された 刺身で食べる鯖 長崎ハーブ鯖 三枚おろし 2匹分


▼商品概要
長崎ハーブ鯖とは長崎県松浦市や佐世保市の3つの会社から成る「長崎さば生産グループ」が共同開発し生産する養殖さばです。 飼料にナツメグ、オレガノ、シナモン、ジンジャーの4種類の西洋ハーブ(香辛料)を混ぜて育てています。 サバは生臭さがあり、柔かくて刺身にしづらいと言われますが、養殖の工夫により、血合いの色がきれいで、生臭さがなく、旬の冬以外にも、脂の乗ったサバを年中食べられるようになりました。
2008年7月に商標登録、2011年度「ながさき水産業大賞」受賞しています。

▼食べ方
お刺身でお召しあがり頂けます。
パックから取り出して、皮をはぎます。
腹骨、血合い骨を除去して刺身等でお召しあがりください。
アニサキスには十分注意して処理していますが
心配な方は一度冷凍されてからお召しあがりください。

▼数量、分量の目安
長崎ハーブ鯖500g以上
三枚おろしの後、フィレ個別包装での出荷です。
▼こだわり
愛情を持って魚に接し、ストレスをできるだけ少なくできるようにいつも緊張感を持って生産しています。
この度は直接お客様にお届けするにあたって魚の下処理のクオリティーもあげようと、佐世保市内飲食店様の監修の元①活〆、②神経抜き、③血抜き、④フィレ加工、⑤3%塩水洗い、⑥弱真空包装を施した後に発泡スチロールに氷を詰めての発送となります。
もっと見る