リョウセイ

長崎県 佐世保市

リョウセイ

有限会社リョウセイの浜田孝男です。
本土最西端の町、漁業の町、小佐々町で生まれ育ちました。
小さい時から家業を手伝い、中学生の頃は早朝からイリコを炊いて学校に行き、授業中は体についたウロコを剥がすのが日課でした。
若い頃は巻き網船の船長として漁に出ていましたが、約20年前からここ小佐々町で養殖へのチャレンジを始めました。
多くの試行錯誤の末、今から12年前の2008年に長崎ハーブ鯖の養殖を始め、今では年間10万匹の生産に至っています。