🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット
🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット
🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット
🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット
🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット
🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット

🍛「平飼い鶏のバターチキンカレー2袋」と「枯草菌・赤卵30個」のセット

3件の投稿
702
☆☆☆購入前に一読をお願いします☆☆☆
■輸送中の卵の破損について■
ごく稀に配送過程で卵が割れることがございます😥
もし破損等がございましたら、最寄りのヤマト運輸さんの営業所に「破損があるので代品をお願いしたい」旨ご連絡ください。

破損した卵は捨てたり、食べたりせず、ヤマトのドライバーさんが回収に伺いますので、それまで一時的に保管しておいて下さいね。例えば、プラスチックパックなどで保管して、割れた卵のみをヤマトのドライバーさんに渡すというイメージです。
ヤマト運輸さんから当養鶏場に連絡が入り、代品をお送りするという流れになります。

また、ちょこっとしたヒビなどの場合には、そちらから優先的にお召し上がり頂いたり、火を通すなどしてお召し上がり頂けば特に品質上では問題なくいただけます。ヒビ等気になる場合にも、上記のようにヤマトさんにその旨お伝えくださいね。
●●●梱包内容●●●
「枯草菌・赤たまご10個×3パック」(計30個)
「薄羽養鶏場のバターチキンカレー(2袋)」
 が入ります。

■バターチキンカレー
・当養鶏場の平飼い鶏を使ったカレー
・トマトピューレが効いたマイルドな味です

●開発の背景
🍛バターチキンカレー5袋

*********バターチキンカレー*******
当養鶏場の”たまごを産まなくなった鶏”、平飼い鶏を使ったカレー🍛です。

皆さんあまり馴染みがないと思いますが、鶏は『たまご専用の鶏(レイヤー)』と『食肉専用の鶏(ブロイラー)』に大きく2つに分けることができます(中間もあります)。当然、食肉専用の鶏(ブロイラー)の方は肉付きも良く肉質も柔らかく、一般的にスーパーで購入される鶏肉になります。

一方、たまご専用の鶏🐔って、卵を産まなくなったときにその肉はどのようになると思いますか❓スーパーの精肉コーナーには並ばないんです😶。多くは、1羽ほとんどお金にならない金額で加工業者に引き取られ、”廃鶏肉”とさえも言われます('◇')ゞ。この鶏肉は、食肉加工業者に出荷された後、ペットフードに使われたり、ハムやソーセージなどの混ぜ物の一部として使われることも多く、肉質の硬さから敬遠される食材でした😢。

一昔前の田舎の風景では、卵を産まなくなった鶏を処理して食べる習慣もありましたが、現在ではそうした食習慣もなくなり、また安くて柔らかい鶏肉が手に入るのであれば、あえて硬い鶏肉を選ぶことはないと。

でも、自分が育てて、長い間卵を産んでくれていた鶏たちの価値をもう少し上げられないかな?、お客さんたちにこういう実状を知ってもらえないかなと思い、バターチキンカレーを開発致しました。

硬い肉質を食べやすい柔らかさにするために、レトルト加工時の圧力によって食べやすく、適度な歯ごたえが残るように致しました。その方が、かつて庭先で鶏を飼っていた時代の食感を彷彿させたいという意図からです。

ただ、肝心なのは味。カレーは食べやすさを重視し、スパイスを抑えてトマトや地元産の梨のピューレを加えたマイルドなバターチキンカレーに仕上げました。ちなみに栃木県は、梨の生産量全国3位なんです。

卵を産まなくなった鶏が、どのように使われているのか、そんなことを知ってもらえたり、興味をもってもらえたら嬉しいです😃


賞味期限:2025年1月15日
名称:カレー
原材料名:鶏肉(益子町産)、トマトピューレ、梨(益子町産)、玉ねぎ、無塩バター、ヨーグルト、生クリーム、カレーパウダー、生姜、にんにく、食用植物油、食塩(一部に乳成分を含む)
殺菌方法:気密性容器に密閉し、加圧高温殺菌
内容量:200g
保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温保存してください
製造者:株式会社ましこカンパニー
栃木県芳賀郡益子町長堤408-2
販売者:合同会社薄羽養鶏場
栃木県芳賀郡益子町塙2588

■納豆菌の仲間、『枯草菌』で育てた鶏のたまごの特徴
・「濃厚で優しい甘みを感じられる」たまご。
・食欲をそそるオレンジ色の黄身。調理しても加熱による退色が少なく、より料理に映える色味
・オレンジ色はパプリカやマリーゴールドなど植物由来の素材だから安心して召し上がれます
・ぷりぷりに盛り上がった白身
・卵特有の生臭みがほとんどない
・集卵してすぐに出荷なので鮮度が良い
・数十種類の素材(トウモロコシ、大豆しぼりかす、米、魚粉、桑の葉、ヨモギなど)をブレンドした拘りの飼料
・枯草菌を与えることで、鶏を体内から健康に!
・脂質、カロリー、コレステロールが一般的なたまごよりも約15%低めの健康志向の人向け

■枯草菌(こそうきん)ってなーに?
枯草菌は、納豆菌などの仲間で毎日鶏が食べることで鶏の腸内の善玉菌が増加し、健康維持につながる良い菌。
鶏も普段の生活の中で、天気や気温の変化など色々な原因でストレスを感じます。ストレスが多くなると腸内の善玉菌が減少...。お腹を崩したり、食欲がなくなったり、けだるくなったり。
鶏たちが”枯草菌”の入った飼料を毎日食べることで鶏の腸内の善玉菌が増え、健康維持につながる。だから、おいしいたまごを生んでくれるんです。

■飼育の特徴
里山の澄んだ風が吹き込み、優しい日の光が差し込む開放型鶏舎で育てた鶏の朝採り卵です。意外かもしれませんが、益子には天文台があり、星がよく見えるほど空気が澄んでいるんです。
(ちなみに日本では開放型鶏舎で生産されている卵は流通している卵全体の内のたったの1-2割程度。なので希少です)

■味について
一般的にスーパーで販売されている卵と比べて、コクがあってしっかりした濃い目の味です。
コメントを頂いているお客様から
「黄身に優しい甘さを感じました」
と言われることも多いです。
一度お試し下さい、きっとご家族、お友達も喜んで頂けると思います^_^

■健康志向の方に納得してもらえるたまご
2019年に日本食品分析センターさんに依頼し、成分分析を行いました。成分分析って結構費用がかかるんですが、お買い求め頂くお客様に胸を張ってお勧めするためにもあえて実施してみました。結果は一般的なたまごよりも、
「脂質」
「カロリー」
「コレステロール」
が約15%低い
たまごです。

■当日採れたものを出荷
たまごを取ったその日に配送しますので、(お届け先住所にもよりますが)概ね翌日にはお手元に届きます。
鮮度抜群なので白身はぷりぷりに盛り上がってますし、白身ってこんなに盛り上がっているんだ!と驚かれたこともあります。
なかなか白身が切れないほどコシのある卵なので卵に対する意識が変わります!

■受賞歴
2023年『食べチョクアワード2023』
 総合2位・畜産物カテゴリ1位
2022年『食べチョクアワード2022』
 総合1位・畜産物カテゴリ1位
2021年『食べチョクアワード2021』
 畜産物カテゴリ2位
2020年『食べチョクアワード2020年』
 畜産物カテゴリ1位
商品説明をもっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る