【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい
【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい
【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい
【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい
【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい
【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい

【自然栽培】不知火 A品5㎏(15~20個程度)※3月下旬発送開始 しらぬい

祖父母が育ててきた不知火(しらぬい)の樹を引き継ぎ、2021年1月より肥料や農薬、除草剤を一切使用せず、自然で育てています。

不知火は1972年長崎県の農林水産研究所で清見とポンカンを交配して誕生しました。果実の上部に「デコ」が現れやすいなどの外見上の個性が目立ち残念ながらそこでは品種登録はされませんでした。
 その後熊本県の不知火町に渡り、収穫後一定期間保存するとまろやかで甘味が強くなることが分かり、品種名を「不知火」として栽培の取り組みが始まりました。

その形からデコポンともいわれる品種です。和泉農園でも収穫後しばらく貯蔵し、皮の水分をとばし、果実に弾力を持たせ、味をマイルドに整る予措(よそ)を行ってから販売をしています。

伊予柑とはまた違った芳醇な香りと、適度な酸味とまろやかな甘さの果肉で、皮が剝きやすく、果肉を包む薄皮も柔らかく、そのまま食べることができ幅広い層に愛されています。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る