こなつ農園

熊本県 熊本市南区城南町

こなつ農園

食べチョク登録:2021年10月

-----------------------
🌾熊本の稲作農家
-----------------------
熊本城から南に15km。周囲を里山に囲まれた小さな田園地帯の中で稲作を行っております。
肥料や農薬に頼らず、土づくりを基礎とした人にも環境にも優しい農業に取り組んでいます。
(WEBサイト)
https://sites.google.com/site/konatsunouen/home

-----------------------
🌾稲作とその文化を未来へ
-----------------------
 遥か3千年の昔(縄文後期)に伝来したイネは日本人の暮らしを大きく変えていきました。稲作は共同体として生活が発達したことから、日本人の精神性や民族性が涵養されたと考えます。
 日本人の特徴として良く挙げられる協調性や勤勉さなどは稲作の影響を大いに受けているのではないかと。また、全国各地に残るお祭りや古い慣習、風習などの多くは稲作の影響を受けております。
 つまり、稲作は単なる食料生産にあらず、日本の文化であり日本人の精神そのものであると。
 今より3千年の後、日本人が日本人らしい生き方をしているならば、そこにはきっと稲作が継承されているものと考えます。また、そうあって欲しいものです。

わたしたちのこだわり

1.真空パックで鮮度長持ち

1.真空パックで鮮度長持ち

真空パック(真空窒素ガス充填包装)でお届けします。
真空窒素ガス充填包装は、包装容器内を真空にし、不活性ガス(窒素)で満たし可能な限り酸素を除去することでお米の鮮度を保持します。
海苔、お茶、コーヒーやスナック菓子などの包装にも利用されている方式です。
(真空パック作業)
https://youtu.be/fSE-z5rskfA

2.低温乾燥でお米を美味しく

2.低温乾燥でお米を美味しく

できるだけ低い温度で乾燥させる方がお米は傷付きません。
一般的なお米の乾燥は50℃程度(約1日)、こなつ農園では乾燥温度30℃(約2日)と低温でゆっくり乾燥させます。
天日干しのお米が美味しいのは低温でゆっくり乾燥させているからです。

3.保冷庫で玄米を保管

3.保冷庫で玄米を保管

高温多湿な環境ではお米に虫やカビが発生します。
こなつ農園では14℃に保った冷蔵庫に保管し、虫やカビの発生を防止し、お米自体の呼吸を抑え劣化を防ぎます。

この生産者の商品一覧