金坂蓮魂

千葉県 長南町

金坂蓮魂

食べチョク登録:2020年 10月

ネットゲームで3年近く引きこもりしていた時に、レンコンで有名な父親が亡くなり就農する。農業が辛く頑張れない自分に悩み、頑張れない自分がやってみたい事なら続けられるのではと考える。

やってみたい事、それはレンコンでは不可能と言われる、農薬を使わなくても出来る栽培技術の研究で、そこで行き着いたのが自然栽培でした。

金坂蓮魂の『蓮魂』というネーミングは、ネットゲーム仲間が付けてくれたブランド名で、金坂蓮魂の登録商標です。

わたしたちのこだわり

全国でも希少な自然栽培レンコン

全国でも希少な自然栽培レンコン

千葉県長南町は外房の山間地域にある小規模なレンコン産地で、中山間地域のため棚田で田んぼが小さく、生産性が悪い地域です。

そのため、この地域で農業で生き残っていくには、レンコンでは不可能と思われている、農薬を使わないで栽培する技術が必須条件だと考えました。

また、中山間地域で肥料等を買って使っても平野部には必ず負けると考え、竹のチップを地域の林業者から購入し、初期の土壌改良に使ったりもしています。

そして、自然栽培に行き着きました。重粘土で収穫に時間がかかるデメリットがある地域ですが、山の絞り水が入り重粘土という良質なレンコンが育つ環境があります。

美味しさの理由

美味しさの理由

レンコン業界で味でトップと評価される人達は、微生物に着目しています。就農したばかりの経験が浅い自分が、業界トップの人達と肩を並べるには、より微生物を生かして育てる栽培技術を確立できれば、より美味しいレンコンが出来るのではと考えました。

微生物が植物にどんな栄養をどのくらいやってというのが、一般的なレンコン栽培技術で、自然栽培は微生物に植物を育ててもらい、その良い環境を人が用意するのが金坂蓮魂の考え方です。

そして気が付けば、どのオーガニック流通にもそのようなレンコンが殆ど無い事が分かり、国内でレンコンの無農薬栽培技術の第一人者となっていました。

【お奨め】レンコンステーキ

【お奨め】レンコンステーキ

お店ではレンコンという表記でしか売られていませんが、実はレンコンには色んな品種があるのです。モチモチ系のレンコンに合った料理方法をお伝えします。

モチモチ系はジャガイモみたいなホクホク感のイメージです。

①レンコンを1.5cmの輪切りにする。
 皮は剥かず水にさらさない。
 ※金坂蓮魂のレンコンはえぐみが少ないため

②オリーブオイルをフライパンに約70~100ml入れ
 レンコンを中火で焼く。揚げながら焼くため、
 多少オリーブオイルに浸かる状態がよい。
 油が跳ねるのでアルミホイルや蓋などをするとよい

③こんがり焼き色が付いたら、裏返してもう片面も
 こんがり焼く。裏返すタイミングはレンコンが
 透き通ってきて焼き色が付いた頃。

④両面こんがり焼き色が付いたら、両面に
 塩・黒こしょうを振って完成。約8~10分で完成
 冷えるとシャキシャキが戻るので
 早めに食べる事をおすすめします。

是非、お試しくださいね!

蓮根ではなく蓮魂

蓮根ではなく蓮魂

レンコンは尻尾側から肥大していきますので、レンコンステーキは尻尾側の節が完熟しているのでおすすめ。レンコンの頭1節目や、子供のレンコンは出来立てで柔らかいので、素揚げや煮物におすすめです。

保存は乾いた新聞紙に包んで冷蔵庫で2週間ぐらいが目安です。

通常夏場のレンコンは酸素と鉄分が結合して、レンコン表面が赤渋(茶色く)になるため、収穫前に茎刈り処理をしてレンコンの呼吸を止め、出荷します。金坂蓮魂は鮮度低下を避けるため、茎刈り処理をせず収穫するようにしています。

メディア実績

2015年12月 千葉テレビ 特別番組 食の宝庫ちば
2020年 9月 bayfm「The BAY☆LINE」
      街角DJ島村幸男のレポートコーナー
2021年 6月 bayfm「ミンナノチカラ~CHIBA~」

2021年11月 満天★青空レストラン

2022年 1月 朝日新聞 千葉版 「食×イノベーション」
2022年 3月 コウケンテツの日本100年ゴハン紀行

この生産者の商品一覧