田口農園 徳島

徳島県 三好郡東みよし町

田口農園 徳島

田口 真示

食べチョク登録:2020年 10月

にし阿波世界農業遺産の紹介
野菜栽培の説明
通販サイトの紹介
地元カフェでの食べ歩き
減農薬の取組み
限界集落復活の取組み
など
地方の小規模農家の生き残り模様です。

世界農業遺産にし阿波傾斜地農耕システムブランド認証野菜を栽培する専業農家です。
にし阿波で300年続く農家の9代目
通年で約100アイテムの農産品を直売所に出荷
地域貢献活動(交通安全指導員、地域消防団員、神社総代、自治会組長、鳥獣害対策地区代表)

わたしたちのこだわり

世界農業遺産 ブランド認証野菜をお届けします

世界農業遺産 ブランド認証野菜をお届けします

徳島県西部に位置する「にし阿波」地域は国連食糧農業機関(FAO)が提唱する世界農業遺産に登録されております。その中でも急峻な山間部の地形を活かした農法は傾斜地農耕システムとして約400年持続的に継承されております。
基本は循環型農法として山に生えている萱を刈り取り圃場に敷きつめることにより化学肥料のみに頼ることなく肥沃な土壌を作り上げることができます。
また、萱が土壌を覆うことで降雨時の泥はね抑制、土砂の流出防止、微生物の醸成により農薬・消毒が自然界の営みで賄えるメリットも安心、安全のポイントです。

EatLocalFood 地産地消を基本に地域を元気にする

EatLocalFood 地産地消を基本に地域を元気にする

すべて露地栽培でにし阿波の気候条件を最大限に利用した栽培を心がけております。
田口農園は四国山脈(剣山系)の標高約400mに位置します。夏は南国四国の燦燦と降り注ぐ太陽光を浴び、朝夕の温度差により朝露が水分となり瑞々しい野菜が育ちます。平地と比べても日中の温度差が3-4℃涼しく温暖化による影響も緩和されます。
地元のカフェやレストラン、食堂に毎朝採れたて野菜を直納しその日のランチとして取り扱って頂いております。新鮮野菜は何ものにも代えがたい贅沢食材です。(シェフの手腕もピカイチです・・・)

食育をテーマに体験型民泊を営む

食育をテーマに体験型民泊を営む

2017年から簡易宿泊所(農泊) GunungGeulisグヌングリスを開業。
関西圏の中学生、関東圏の高校生の修学旅行の訪問先として農業体験付き宿泊を受入、また地元の小中学生の授業の一環として世界農業遺産の現地学習や出張授業も受持つ。
農業体験を通じて「食の重要性」を後世に伝えるとともに農業に興味を持つことにより就農、営農へと繋がれば田舎の限界集落を守り抜くことができる。
また、子供たちに食べさせる食材として安心・安全は細部にまで気を使っております。
 ※GunungGeulis:美しい山(インドネシア語)

世界農業遺産「にし阿波の傾斜地農耕システム」ブランド認証書

世界農業遺産「にし阿波の傾斜地農耕システム」ブランド認証書

徳島剣山世界農業遺産推進協議会に認められた「にし阿波の傾斜地農耕システム」ブランド認証の証
64品目の農産物および加工品をブランド認証要領第5条の規定に基づき栽培管理を行っております。

経歴・沿革

◎ 1963年生まれ  出生地:東みよし町 

  ◎ 郷土へUターンし営農・・・・多品種・少量生産
     変動リスクを回避し経営の安定化
     通年で100アイテムを直売所へ出荷
     にし阿波傾斜地農耕システム認証ブランド品 61品目
 
  ◎ 2018年「農家民宿(Gunung Geulis)」を開業
     ★食育を基本に農業への興味を深める
          「作る・創る・学ぶ」

この生産者の商品一覧