【リゾット向け】炊いてもマズい!国産イタリア米 白米1kg(1kg×1袋)

【リゾット向け】炊いてもマズい!国産イタリア米 白米1kg(1kg×1袋)

※運営からのお知らせ※

新型コロナウイルスによる影響で、飲食店からのスペイン米の仕入れが減り、4月5月の出荷額が前年比84%減に落ち込んでしまったそうです。
◯注意!炊いてもマズい!
◯2019年(令和元年)産のお米です。いわゆる古米ですが、スープの吸いが良いので、新米より古米が好まれる、変なお米です。
◯ポスト投函でのお届けです。お届けまでは2〜5日かかります。時間指定できません。ご了承ください。
◯簡易的レシピ(下記に掲載)も同梱します!

<お米の特徴>
炊いてもマズイ、でもリゾットには最適っ!!
そんなお米です。
日本のお米でリゾットを作ると、「おじや」っぽいベタっとした仕上がりになりやすいですが、このイタリア米「カルナローリ」なら、スープをグングン吸い、粒感のある仕上がりに出来ます。

炊いて食べる場合は、日本の品種のように甘みや香りが弱く、ボソッとした食感になるのですが、けっこう値段するので、「高価なお米ってことは、さぞかし炊いたら美味しいんでしょうね...」と誤解なきよう...
リゾットの食感は抜群です!お店で出てくるヤツだっ、となります(^-^)

イタリアでは、お米を「炊く」のではなく「煮る・ゆでる」といった方法で調理します。そのため、リゾット以外にも、茹でたお米をサラダにあえる、スープや洋風鍋の〆に入れるなど、楽しみ方色々です。アランチーニ(ライスコロッケ)にも使われるので、ぜひ挑戦してみてください。


<日本のお米と比較して>
・アミロースの割合が高いために粘りが少ない
・米粒の大きさは約1.7倍
・水分を含んでも形が崩れず、アル・デンテ(芯の部分の歯ごたえを残す)に仕上げることができる
↑ このような特徴があるので、煮たり茹でたりしても、日本のお米で作るおじやのようにベタッとしません。本格的なリゾットを作るのに最適なお米なのです!


<保管のポイント>
冷暗所や冷蔵庫野菜室の保管おすすめします。
お米は賞味期限が記載しなくてOKな農作物ですが、半永久的に保存がきく、不死鳥のアレをナニした物、ではありません!モミや玄米で長期間貯蔵されるケースはありますが、白米になったら、傷みやすい物です。


<同梱するレシピ内容>
調理例は2⼈分(お⽶は100g程度)
【初級編】〜市販のパスタソースリゾット〜
1. 乾麺パスタを茹でるように沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、生米を15~20分ほど茹でる。(お好みの硬さ)
2. お湯を切り、市販のパスタソース(温めておく)と和える。

【中級編】〜⿂介のリゾット〜
1. 魚ダシ(なければ顆粒ブイヨン)で、約1Lの温スープをあらかじめ用意する。
2. オリーブオイルをフライパンに敷き、にんにくを炒めて味をつけて取り出す。
3. 生米を加え加熱し、1分ほど炒める
4. スープをおたま2杯ぶんほど加える。水分がなくなり次第、スープを加える。
5. シーフードミックスを加え、加熱する
6. お米がお好みの硬さになったら火から下ろす。塩で味をととのえ、オリーブオイル(EXバージンオイルがオススメ)を加えて和える。

【上級編】〜パルマリゾット〜
1. 魚ダシで、約1Lの温スープをあらかじめ用意する。
2. オリーブオイルをフライパンに敷き、にんにくを炒めて味をつけて取り出す。
3. 生米を加え加熱し、1分ほど炒める
4. 白ワインを加え、水分がなくなるまで煮る。
5. スープ(温かい状態)をおたま2杯ぶんほど加える。水分がなくなり次第、スープを加える。フライパンが焦げない程度に混ぜる(※混ぜすぎない)。この工程を繰り返す。
6. お米がお好みの硬さになったら火から下ろす。バターとチーズを加えて混ぜ合わせる。


<国産カルナローリについてもっと詳しく>
https://note.com/takemotonojo/m/mafc706476b2b

<あわせてオススメしたい>
本格リゾットが自分でも作れちゃうキット1袋2人前
(3袋セット)https://www.tabechoku.com/products/43275
(5袋セット)https://www.tabechoku.com/products/43270
▼ もっと見る