【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん
【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん

【10kg】日本初の自治体認定フルーツ・有田みかん

とみこばぁば(96歳)が手掛けるみかんは
多くのお客様より「こんなみかん今まで食べたことがない!」と驚きの声が続々と届いています。
こたつみかんと呼ばれる中生(なかて)みかんをお送りします。
早生(わせ)みかんに比べて、中の皮が厚くなりますがコク深い味が大人気です。
💡最後まで必ずお読みください💡

●プロの舌も思わずうなる、登美子ばぁばのみかん●
🏅食べるジャパン美味アワード2022受賞
日本の一流シェフ、食関係の有識者が、食べるJAPAN 美味アワード審査委員会が定める「美味しさ」を基準に公平な審査を行い、基準を満たしたものを認定・褒賞するプロジェクトです。
審査委員長:服部 幸應氏ほか

🏅有田市認定みかん「審査委員奨励品」
日本初の自治体認定フルーツ、有田市が定める認定審査<有田Quality >に合格しました。
糖度、酸味、食味審査を経て認定される有田みかん農家は全体のわずか10パーセント。ほんまもんの有田みかんをお届けします。
さらに優れたみかんに送られる審査員奨励品に選ばれました!
審査委員長:鎧塚 俊彦氏ほか

📝とみこばぁばのみかんは他と何が違うの?📝
5つの美味しさの秘訣

その①💡『ばぁば長年の味』
柑橘は年に一回しか収穫できないので、経験を積むのが大変な作物です。
苗を植えてから果実がなるまで5年、芳醇な味なるにはさらに15年程かかります。
農家歴73年、おばあちゃん自慢のみかんをお届けします。

その②💡『畑の命、土地が違う!』
和歌山県有田市は日本最古の地層である古成層があり、柑橘で有名な和歌山県内においても
有田市はみかんづくりに非常に適した地域です。
和歌山みかんではなく、有田みかんとよばれるのは指折りの名産地と呼ばれる理由のひとつです。

その③💡『認定審査に合格しています!』
私たちのみかんは有田市が定める認定審査<有田Quality >毎年合格し、
厳しい審査(糖度、酸味といった味覚審査に加え、外観といった審美性など)を満たしています。
味にバラつきがありません。

その④💡『愛情と手間をかけてお世話をしています!』
・農薬使用量通常の50%以下、化学肥料不使用、自然と共存しながら栽培しています。
・有機肥料(海藻エキス・カツオエキス)を使用しており、
 土壌の微生物やミミズが増えることで土が柔らかくなります。安全で豊かな土壌が果実を甘く育てます。

その⑤💡『お届けの直前まで安心安全のお取り扱い』
・ワックス、防腐剤は不使用なので皮まで安心安全です。
・まごころを込めた手選別で、果物の傷みを防ぎます。

▼伊藤園の取り扱いみかん予定一覧
🍊日南早生(10月上旬~下旬)温州みかんのトップバッター
🍊上野早生(11月上旬~中旬)旨味と酸味のバランスが抜群
🍊宮川早生(11月下旬~12月中旬)芳醇な味で薄皮は非常に薄い
🍊有田みかん(12月中旬~1月中旬)コクがある皆大好きこたつみかん

⚠️注文に際しての注意点(配送方法や納期指定など)⚠️
・ばぁばのみかんは、長年の技術で従来のみかんより皮がとっても薄いのが特徴です。
・梱包には十分注意をしておりますが、園地より直送の性質上輸送中につぶれや、
果実の傷み・カビが生じる場合を想定し既定の量より多めに入れております。
・輸送中に一部のミカンに圧力がかかり、皮に傷がつくと一瞬で傷み、カビが発生致します。
・搬送時に押し付けられみかんが同時多発に破裂した場合は運送業者の補償サービスをご利用いただけますので、ご評価の前に食べチョク事務局までお知らせください。
⚠️5個以上不良品がございましたらお問合せください⚠️

スーパーでは不良品の取り除きを店員が行っておりますが、
産地直送の食べチョクではお客様によるご確認と協力が必要となります。
新鮮で旬な果物のお届けが出来るよう、ご理解・ご了承の上ご注文頂けますと幸いです。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る