大田ファーム

岐阜県 大野郡

大田ファーム

合掌集落で有名な岐阜県白川村で少量多品目栽培をしている夫婦だけの小さな農家です。

Uターンを機に営農組合に就職。初めて携わる農業に夢中になってしまいました。
“自分で一から米作りがしたい”その思いから新規就農を決意。現在はにんにく、ブロッコリー、蕎麦、他30種類以上の野菜も栽培しています。

◆令和2年産米
・米・食味分析鑑定コンクール国際大会
 国際総合部門 金賞を受賞しました。
・世界最高米2021(東洋ライス)
 原料米に認定されました。
◆令和3年産米
・米・食味分析鑑定コンクール国際大会
 国際総合部門 特別優秀賞を受賞しました。

わたしたちのこだわり

堆肥と漢方肥料

堆肥と漢方肥料

田んぼ、野菜セットの畑では堆肥、漢方生薬から生まれた漢方肥料で土づくりをしています。
有用微生物群が土着菌を増やしバランスの良い土壌を作り、野菜を育てるために一番重要な地力を高めています。

景色になる田畑作り

景色になる田畑作り

農地のある戸ヶ野は観光地から少し離れた小さな集落です。地域の皆さんで守る牛首谷の水が流れ春には有志の皆さんが植えた水仙が彩ります。
私達も景観を守るお手伝いになる田畑作りを心がけています。

昼夜の寒暖差

昼夜の寒暖差

白川村では昼夜の気温差が20℃近い時期もあり、その寒暖差が春はにんにく、秋は米とブロッコリーの旨みを凝縮します。自慢の黒にんにくは甘みが強く酸味が少ないのが特徴で驚くほどフルーティーな味わいです。

戸ヶ野のこしひかり

戸ヶ野のこしひかり

米作りは前年の秋から始まります。稲刈り後堆肥と漢方肥料を入れ冬から春にかけてゆっくり土を育てます。田んぼでもっとも重要なのは水の管理。稲の成長と天気、気温から収穫時期にもこだわった自慢のこしひかりです。

この生産者の商品一覧