MHS.ORGANIC

鹿児島県 鹿児島市

MHS.ORGANIC

食べチョク登録:2020年 11月

鹿児島市の松元というお茶畑の広がる町で農薬、化学肥料を使わずにイタリア野菜を中心に年間70〜80品目の野菜を作っています。
スーパーなどではあまり見かけることのないお野菜を食卓でも楽しんでいただきたいです!

わたしたちのこだわり

珍しい野菜で非日常な食体験

珍しい野菜で非日常な食体験

スーパーやデパートでもあまり見かける事のないカラフルだったり形の変わったイタリア野菜を年間約30品種栽培しています。
(もちろん普通の野菜も大切に育てています)

当初輸入物を使うより鮮度良く、綺麗な国産は絶対喜ばれるという想いから西洋野菜をレストラン向けに栽培を始めました。そんな西洋野菜が家庭の食卓で出てきたら家族との話題にもなり、西洋野菜を通して新しいものに触れる楽しさや、日本にはない味や食感をレストランよりリラックスして楽しんでもらえるかなと思い“食べ方”と一緒に野菜セットに入れています。知らない野菜を“体験”して頂きたいです。

*時期によっては入らない場合がありますのでご了承下さい。

農薬・化学肥料は使いません

農薬・化学肥料は使いません

農薬・化学肥料は絶対に使いません!!
これは安心・安全を届けたい。という想いもありますが、私たちの考えはもっと地球を大切に、次の世代に今のまま、できれば今より良い環境を引き継ぎたい。という想いがあるからです。なので今はまだ動物性の有機肥料も使っていますが、近いうちに植物性のみにし、ゆくゆくは無肥料栽培へと移行していきたいと思っています。

何よりも “美味しい” がえらい!

何よりも “美味しい” がえらい!

野菜の品種には色々あります。
品種改良されたF1種や、脈々と受け継がれてきた在来種や固定種。
そんな中でも私たちは自分たちがまず食べて「美味しい!」と思える品種を優先するようにしています。
だからF1種であっても在来種より美味しいと思うものはF1種を選択しています。
これは栽培方法にも言えることなのですが、まずは食べて「美味しい!」が何よりも大切だと考えているからです。どれだけ環境に良くて安心・安全な栽培方法でも美味しくなければ食べてもらえず意味がなく、どれだけ毎年種取りをし伝統品種を栽培しても美味しくなければこれまた食べてもらえない。またそれを食べることが大切だと我慢をして食べてもストレスになっては本来どれだけ良いものでも身体に良い訳がないと思っているからです。

一番良いのは環境に良い栽培方法で在来種・固定種で誰もが美味しいと思う野菜を育てる事です。
将来的にはそこを目標に農業を続けていきたいと思っています。

この生産者の商品一覧