清水 太郎 | Pure Water

長野県 中野市

清水 太郎 | Pure Water

◆見つけてくれて ありがとうございます

長野県中野市(信州なかの)で営農している清水太郎です。
桃を中心に、リンゴやプラムを栽培しています。春には花のシャクヤクも生産しています。

私と妻、義両親の4人で営農しています。



◆ぐんぐん成長中です

農業とは無縁のサラリーマンの家庭で育ちました。
2016年の結婚を機に、中野市の妻の実家に移住し、専業農家として営農していた義両親の下で農業を始めました。恥ずかしながら、初めは「桃って夏の果物だったっけ?」というような状態でした。

どうすれば果実は大きくなるのか。どうすればより甘くなるのか。
現在は一つ一つの作業をただやるのでなく、考え、工夫しながら、よりおいしい果物づくりを目指しています。



◆果樹にとって理想の土地で栽培しています

中野市は長野県の北東部に位置しており、果樹栽培がたいへん盛んです。これは、降水量が少ない、昼夜の寒暖差が大きいなど、果樹栽培に適した条件が揃っているからです。

そんな中野市の中でも、私が営農する畑は小高い丘にあります。南斜面の畑で育つ果物は、太陽の光を十分に浴びることで、甘く美味しく育ちます。



◆”おいしい”を思い出に

これは当農園のスローガンです。食べた瞬間はもちろん、「あのとき食べた果物おいしかったね」と、後からでも思い出してもらえるような果物を作ろう、という想いから生まれました。

“おいしい”の感動体験をお届けするため、日々奮闘しています。

わたしたちのこだわり

長野県GAPに取り組んでいます

長野県GAPに取り組んでいます

長野県GAPとは、残留農薬基準値の超過や農作業中に発生する事故を防ぐため、農産物を安心・安全に生産するためのガイドラインです。
農薬や肥料の保管や荷造り場の整理整頓、環境への配慮など、50項目に及ぶ基準に則り日々のに取り組んでいます。

農薬、化学肥料を使用しています

農薬、化学肥料を使用しています

当農園では農薬及び化学肥料を使用した栽培をしています。
以下の記述については私見が入ります。


◆農薬について
果物の多くは農薬の使用を前提としています。農薬の使用無くしては、収穫まで至らないという事です。

ご存知の通り果物は甘く、綺麗な色をしています。これはおいしい果物を求め、品種改良を行ってきた結果です。
この結果、「おいしさ」を手に入れた代わりに「強さ」を失っているのが現在の果物です。「強さ」とは、病気や害虫に対する抵抗力です。

この「強さ」を補うのが農薬です。農薬は病害虫の被害を防ぎ、果実が無事に収穫できるまでの助けとなります。


◆化学肥料について
木は果実を生らせるために多くのエネルギーを使います。これを効率良く、バランス良く補給できるのが化学肥料です。

有機肥料がベースにあり、足りない所を化学肥料が補います。どちらも必要です。人間の食事に例えるなら、有機肥料=ご飯、化学肥料=おかず、といった所でしょうか。
これらの肥料をバランス良く活用することで、木が元気に、そして果実はおいしくなります。


◆まとめ
農薬、化学肥料共にネガティブな印象を持つ方もいるかと思いますが、どちらもおいしい果物を作るためには欠かせない物たちです。

もちろん農薬や化学肥料を使用せずに栽培できるのであれば、それが一番良いでしょう。ですが、現状無農薬で果樹栽培をするとういうのは非常に困難です。「農薬、化学肥料は嫌!」と毛嫌いするのではなく、体に害のない範囲、基準で使用することにご理解頂ければと思います。

この生産者の商品一覧