与曽兵衛銀杏 松本農園

石川県 鳳珠郡能登町

与曽兵衛銀杏 松本農園

食べチョク登録:2020年12月

はじめまして。
松本農園は、石川県内最大規模の380aの農園にて、大粒の籐九郎を中心に約1,000本の銀杏(ぎんなん)を栽培しています。

園主の松本光雄(89歳)が、1984年(昭和59年)より栽植を始め、農薬や化学肥料は使わず、米糠・菜種粕・堆肥を使用した土づくりにこだわり、手間を惜しまず育てた自慢の銀杏です。
ぜひご賞味ください。

わたしたちのこだわり

広大で豊かな自然のなかで栽培

広大で豊かな自然のなかで栽培

松本農園は、世界農業遺産『能登の里山里海(石川県)』に認定されている奥能登の地にあります。
四方を山々に囲まれ、民家なども見当たらない広大で豊かな自然の中、清々しい空気と北陸特有の気候と寒暖差が美味しい銀杏づくりに役立っています。

自慢の土壌

自慢の土壌

栽培品種は大粒の藤九郎と中粒の久寿(7:3ぐらいの割合)。
もちろん除草剤など使用せず、手間はかかりますが全園地草刈りを行います。
そして、試行錯誤して作り上げた自家製の有機肥料と奥能登の赤土。
長い時間をかけて構築した自慢の土壌が大粒で美味しい銀杏を育成します。

モチモチ食感と独特の風味

モチモチ食感と独特の風味

ふっくらと丸みを帯び、身が詰まっている当農園の銀杏(ぎんなん)は、モチモチとした食感と、ホクホクとして苦みの無い独特の風味が自慢です。
「焼き銀杏」「銀杏の炊き込みご飯」や「茶碗蒸し」などの定番料理はもちろんさっとバターで炒め、肉料理や魚料理の付け合わせに加えても・・・
季節の彩りを食卓に添える一品としてぜひ味わってみてください

石川県特別栽培農産物認定品

石川県特別栽培農産物認定品

当農園の銀杏は、平成29年より『石川県特別栽培農産物』として認定をいただいております。
今後とも、手間を惜しまず安全・安心で美味しいものを提供することを心がけてまいります。

この生産者の商品一覧