「Sustainable Japan Award 優秀賞」受賞のご報告
2022/08/29
「Sustainable Japan Award 優秀賞」受賞のご報告

この度、1897年(明治30年)に創刊された日本で最も歴史のある英字新聞「The Japan Times」様が主催する「Sustainable Japan Award」におきまして、「里山牛プロジェクト」に取り組む株式会社さかうえが「Sustainable Japan Award 優秀賞」を受賞したことが先日発表されました!


【受賞理由(THE JAPAN TIMES Webサイトより)】
里山牛プロジェクトにおいて、黒毛和牛を耕作放棄地(遊休農地)に放牧し、自給飼料で飼育していることなど地域資源を最大限活用していることが評価された。
2019年9月、自社が位置する鹿児島県志布志市で高齢化や人口減少に伴い離農者が増加した遊休農地を有効活用する方法として放牧するスタイルの畜産を開始。またそれに加えて輸入穀物の価格高騰や世界的に問題になっているグレインフェッドビーフ(穀物肥育牛)が業界の問題となる中で、この畜産で生じる糞尿を堆肥化し、農産物栽培に活用する循環型農業も実施している。地域資源を最大限活用した持続可能な畜産事業を可能とした里山牛プロジェクトのモデルを志布志市で確立させ、他地域にも波及させることで、日本の地域が抱える課題を解決することを目指している。

詳細は下記URLからご確認頂けます。
https://sustainable.japantimes.com/sjaward-company2022


里山牛を召し上がって頂いているお客様の温かい応援のお言葉に励まされ、スタッフ一同、里山牛プロジェクトを発展させるべく努力してまりましたが、この度その取組を「Sustainable Japan Award」でご評価頂けたことは、ひとえにお客様からの大きなご期待ならびにご支援を賜ってきた結果であると存じます。
今の時代に合ったヘルシーで美味しい安心安全の赤身肉の高みを追求しつつ、荒廃の一途を辿る中山間部の農地および里山の活用と保全を図り、日本の食卓・農業・地域社会の発展のお役に立てますよう、より一層精進してまいります。

ご愛顧頂いておりますお客様におかれましては、今後とも里山牛をお引き立て頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
モルモル

おめでとうございます🎊
賞をいただくってすごい事ですよね!
皆様の努力もすごかったんだと思います🥹
これからも期待しています!

さかうえ

モルモル様

お祝いのコメントを頂き誠にありがとうございます!
平素ご愛顧頂いておりますモルモル様のお力添えあってこそと感謝の思いを改めまして強く感じております。
里山牛はまだまだ知る人ぞ知る存在でしかございませんので、
モルモル様のご期待に沿えますよう、美味しい牛肉の生産とPRにより一層精進してまいります!
里山放牧と自社産牧草飼料と手厚い管理により草食動物である牛の生命力を最大限引き出した自然派ビーフの里山牛を今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!
98歳のご高齢者様からも里山牛なら美味しく食べられるとご好評のご感想を頂いたことがございますので、モルモル様におかれましても末永く里山牛をお楽しみ頂けましたら幸いです♡

この投稿をした生産者

気になる投稿

この生産者の商品