ハナウタカジツ

熊本県 熊本市

ハナウタカジツ

私たちは、美しい水と緑に恵まれた熊本市北区植木町でおいしい果実を育てています。栽培しているのは、桃やすもも、どすこい!!横綱みかん、キンカン、はるかなど。温室栽培と完熟収穫というスタイルは、安定的においしい果実をお届けするための、私たちのこだわりです。

旬の果実のみずみずしさやはじける香りと味わいで、ひとりでも多くの日常に“ハナウタ”な気分を届けたい。そんな想いを胸に、私たちは今日も家族そろって、ハナウタな果実をつくり続けています。

わたしたちのこだわり

会話が弾む、ハナウタな果実たち

会話が弾む、ハナウタな果実たち

私たちにとって“ハナウタ”とは、毎日のなかにあるちいさなしあわせを表し、これをわかちあうための合い言葉でもあります。

みずみずしさと華やかな香りと味が際立つ白桃「はなよめ」や、皮まで甘い「種ごと丸ごとキンカン」、両国国技館前でも販売された「どすこい!!横綱みかん」など、私たちは四季折々の果実を栽培・収穫しています。

ユニークなネーミングや、季節のイベントを意識した食べ方提案なども織り交ぜながら、食卓に楽しい会話をお届けします。

地下水100%。綺麗な地下水

地下水100%。綺麗な地下水

ハナウタカジツのある熊本市は、“蛇口をひねればミネラルウォーター”と表されるように、阿蘇の伏流水に由来する地下水が豊富な土地としても知られています。

果実はそのほとんどが果汁。熊本市のおいしい地下水が、果実の味を支えています。

果実で、四季を感じてもらいたい

果実で、四季を感じてもらいたい

ハナウタカジツは、果実の収穫・出荷だけでなく、四季折々のイベント提案にも力をいれています。

例えば「桃・はなよめ」はそのおめでたい名前から、結婚内祝いなどに人気。ハナウタカジツの温室桃は、例年5月下旬から7月上旬にかけて収穫します。適度な寒暖差と適切な水分調整、木の上でしっかりと完熟させるなど、ハナウタカジツならではの栽培スタイルを貫くことで、ほとばしる果汁と華やかな香り、甘さをお楽しみいただけます。

「どすこい!!横綱みかん」は、必勝・合格への思いを込めた贈りものにも。

果実の甘く、華やかな香りは脳にプラスの働きかけをし、人をしあわせな気分にするともいわれています。世代や性別、シーンを問わずお喜びいただけると考えています。

伝える農業

伝える農業

学生時代、地元のスーパーでアルバイトをするなかで青果物コーナーに並ぶたくさんの「植木産」の文字。自分も含め植木町の町民ですら、この豊富さに気づいていない方も多いよう。お客さんには果物の旬の時期やどオススメの食べ方を話していれば、自然と買ってもらえました。

これは伝える農業をすれば。もっと楽しくなるのでは?と思い、就農しました。


「農業の基本は美味しいものを作ること」

ただ、栽培技術だけでなく、販売や広報/デザイン/社会活動等あらゆることにアンテナをたてておく必要があります。
「学生が農業体験に来たら教師に」「贈答品を勧めるチラシを考えればデザイナーに」「新聞に活動を紹介してもらえれば新聞記者に」と・・・。

いま、農業を通して小さな頃の夢をひとつひとつ叶え続けています。

この生産者の商品一覧