子どもの野菜湘南藤沢農場

神奈川県 藤沢市

子どもの野菜湘南藤沢農場

2014年に多摩市役所を定年退職する最後の一年に、小学校の総合学習で野菜の有機栽培の授業と給食事務を担当。丁度その頃調布市で児童が給食を食べてアレルギーで亡くなる事件が発生。一方で、藤沢市で農業を通じてホームレスの社会復帰を支援する「えと菜園」の小島希世子さんに出会い農業起業講座を受講。退職後、自分が野菜を作り、安全な食べ物を子供たちに提供することを決意。以来農薬、除草剤、肥料を全く使わないで野菜を栽培し、藤沢市の学校給食に、ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、ダイコン、カボチャ、サツマイモを納品。一層の提供拡大を目指しています。