ソメノグリーンファーム

茨城県 坂東市

ソメノグリーンファーム

食べチョク登録:2020年08月

当農場は、20代から30代の若いスタッフが中心となって活躍している農業法人です。
 栽培管理においては、ラジコンヘリやドローンGPSを使用した肥料散布を行う等、最先端の技術にも挑戦しております。
 しかしながら、便利な技術も高品質な作物を作る為の「手段」にすぎません。大事なのは、作物にとってより良い環境をつくることです。堆肥の施用や深耕により作物に優しい「土」を作ることは、おコメにとっても、その土地で永続的に農業を続けて行くうえでも大事なことだと考えています。皆様にお届けするおコメはそのようなことを考え、実践するプロ集団が作ったおコメです。

わたしたちのこだわり

こだわりは田んぼの中だけじゃないよ!

こだわりは田んぼの中だけじゃないよ!

稲が本来持っている力、太陽の力が存分に生かせるように考えて作っています。
化学肥料・農薬の使用を県の基準の50%以下におさえ、堆肥を有効に施し、地力のある土で育てています。田植えの時も株と株の間を広くとる疎植(従来比60%)にし、株の根本まで光がたっぷりあたることで、稲が伸び伸びと育ちます。
コメ本来の美味しい味を損なわないよう、収穫後の乾燥・調整・精米でも、低温でゆっくり時間をかけて機械を回します。お米の味は高温に弱いのです。効率は悪いのですが、これがおいしさを損なわない最善の方法だと思っています。

南極越冬隊にも送っています!

南極越冬隊にも送っています!

「冬眠米」とは、動物の冬眠からヒントを得て発明されました。
 自社生産されたおコメは「冬眠米」にしてお届けいたします。冬眠米とは気密性の高い特殊な袋におコメを入れ、炭酸ガスと一緒に密封します。そのまま数時間放置すると、おコメが炭酸ガスを吸着し、袋の中は強い真空状態になります。こうしておくとおコメの酸化や代謝分解が抑制され、常温のままでも品質の低下を著しく抑えることができます。つまり新米のおいしさが一年中味わえるということです。この技術が高く評価され、南極越冬隊の非常用米としても採用されています。

この生産者の商品一覧