廣幡農園

岡山県 勝田郡勝央町

廣幡農園

★廣幡農園の始まり
廣幡農園は、岡山県北部の高原地帯(美作の郷)にあり、温暖で自然豊かな土地で農業を営んでいます。園主が故郷に帰省した2004年に開園し、当初はブドウのみの栽培でしたが、広大な田畑を得て、現在はお米や黒大豆、大カブ(千枚漬け用)、アスパラガスなども栽培しています。

★ブドウの栽培
岡山県はその温暖な気候を生かして、ブドウや桃といったフルーツを特産としています。特に県北部の津山市周辺は、200メートル程度の標高の盆地となっていて、朝夕の気温差が大きく、ブドウや黒大豆の栽培に適した気候です。

★朝採り翌日配達
都会から遠く離れた田舎ではありますが、ネット環境や流通をフル活用することで、朝採りのブドウを翌日にお届けすることができます(関東以西)。新鮮なブドウがどれほど美味しいか、皆さまに是非ご賞味いただきたいです。

★中間コストを削減、お手頃価格で。
以前は、JAへ出荷していましたが、JA系統では市場や仲卸を通じてスーパー等に並び、お客様のお手元に届くのに最低でも3日かかっていました。鮮度が落ちる上に、これらの中間コストにより、店頭価格が生産者が販売する価格の倍以上になってしまいます。直接農園からお届けすることで高級ブドウでもお手頃価格を実現することができるようになりました。

わたしたちのこだわり

堆肥で育てる

堆肥で育てる

化学肥料を大量に使えば作物はどんどん成長してくれます。でも、そうしてできた農産物は、お米でもブドウでも、やはり美味しくありません。化学肥料が投入された土壌は年を追うごとに固くなり地力は疲弊していきます。自然本来の循環を生かしてこそ持続可能な農業が営まれていくと思います。

朝採り翌日お届け。新鮮な果実の本当の味をお楽しみいただきたい。

朝採り翌日お届け。新鮮な果実の本当の味をお楽しみいただきたい。

都会のスーパーやデパートで見かけるブドウ、これはもうブドウじゃないっ!といつも思います。房の軸が褐色になり、粒はグラグラ、味も気の抜けたような甘ったるいだけのもの。プリプリの鮮度抜群のブドウをぜひ皆さんに味わっていただきたい。そのために私たちは早朝から収獲開始、一房一房病気は無いか、虫はいないかなどチェック、色や房形を厳選しながら袋詰め梱包します。午後3時の宅配便集荷に間に合わせるために毎日必死で作業、それでも一日50件程度のお客様に発送するのが精一杯です。

この生産者の商品一覧