6月販売開始 信州の旬!どデッカい甘い肉厚たまねぎ 2kg
6月販売開始 信州の旬!どデッカい甘い肉厚たまねぎ 2kg

6月販売開始 信州の旬!どデッカい甘い肉厚たまねぎ 2kg

みずみずしくて肉厚、超大玉の玉ねぎはいかがですか?
地元でもびっくりされる、1玉400~700gのBigサイズ(市販のほぼ2~3倍サイズと思ってください)
ぷりっと肉厚で甘味も強く、みずみずしさも自慢です。
地元直売所や、グーグルで★4.5超の飲食店様、仲買様からも大好評。

玉ねぎの種まきは信州の場合は9月です(苗を植える農家さんが多い中、うちはあえて種を蒔いています。こだわり品種の種をわざわざ取り寄せしています)
発芽~11月まで苗を育ててから定植、マルチ(保温のための黒いビニール)を敷いた畑に1本づつ植え、地面が凍る氷点下の冬を超えさせます。
春になったらグンと大きくなっていき、6~7月に収穫を迎えます。
元肥は鶏糞と藁の、がっつり土作りした畑なので「なんでそんなんなっただい?」(どうしたらそこまで大きくなるの?)と、周囲にも質問されるくらいの玉ねぎに育ちます。

肉厚でみずみずしく、生でも煮込み料理でもおすすめです。
個人的にはグリル焼き(シンプルだからこそ違いが引き立つ)がおすすめです。適当に輪切りした玉ねぎを、グリルで焦げ目がつくまで焼くだけ(塩と胡椒をふればOK)
BBQでもぜひ厚切りにして召し上がってください(長野県は味付きジンギスをよく食べるのですが、肉汁を吸ってトロトロになる肉厚玉ねぎはサイコーです)
肉じゃがもおすすめですよ。
普通の、当たり前の料理に使ってください。

玉ねぎの緑色の部分はケルセチンというポリフェノールの一種で、抗酸化作用に優れているそうです。
なので私は調理の1~2日前にあえて皮をむいて緑化させています(室内程度の光合成でも緑色に変化します)

保存は、1個づつ新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れるか、ネットや籠に入れて風通しの良い冷暗所に吊るすか置いてください(田舎では土蔵の軒下に吊るしています)

玉ねぎを掘るのはすべて手作業で行っていて、根切りなども手作業、機械は全く使っていません。そのため若干の土がついている場合があります。
また、重量は箱込みの重さで配送規定量MAXまで可能な限り詰めますが、残念ながらキッチリ2kgにはできないのでご了承ください。
段ボール箱は、サイズによってはリユース品を使用しますのでご了承ください(ささやかな環境配慮です)

他サイズも出品しています。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る