限定数追加!山形鶴岡特産だだちゃ豆(8月発送)500g×2

限定数追加!山形鶴岡特産だだちゃ豆(8月発送)500g×2

●だだちゃ豆とは
 山形県鶴岡周辺の限られた地域で江戸時代から作り続けられている在来作物です。よその土地で作っても本来の甘みと旨味、風味がなかなか出ないと言われるだだちゃ豆、一度食べ始めると手が止まりません。

 美味しい「だだちゃ豆」を作るために大事にしているのが、苗を植えてから花が咲き終える頃までに何度も行う土寄せ(中耕)です。
 豆の周りの固くしまった土を崩し豆の株元に土を寄せてやることで、土の中に充分な酸素を送り込み、美味しさの決め手となる「根粒菌」が根にたくさんつくようにします。
 夜明けの薄暗い時間に、朝露に濡れただだちゃ豆を枝ごと収穫しただだちゃ豆を、その日に発送します。


●品種
・早生甘露(わせかんろ) 8月上旬、粒は小さめ
・甘露(かんろ) 8月お盆頃、粒小さめ、甘み強い、隠れた人気
・早生白山(わせしらやま)8月お盆過ぎ、甘みと香りのバランスが良い
・白山(しらやま) 8月下旬、一番人気、「本だだちゃ」とも呼ばれる
・晩生甘露(ばんせいかんろ)8月下旬、甘みがしっかりある
・おうら 9月上旬、さやも粒も大きく食べごたえあり

※発送時期により品種が変わります。
※品種の指定はできません。

●数量、分量の目安
鶴岡の人なら500g一袋を一人で食べてしまいますが、一般には2〜3人分くらいだと思います。(食べなれると一袋いけます!)

●注文に際しての注意点(配送方法や納期指定など)
基本的に配送日指定はお受けできません。
システムの関係上注文後のお届け期間が1~15日以内と表記してありますが、8月中、収穫次第に順次発送させていただきます。

●保存について
商品到着後、すぐに冷蔵庫へ入れてください。到着からできれば2日以内に食べていただきたいですが、それ以上保存する場合は、少し固めに茹でてさやごと冷凍してください。後で食べる時は流水、又は自然解凍で食べられます。
▼ もっと見る