お弁当用はちみつ小梅500g 塩分控えめはちみつリンゴ酢梅500g   無添加手作り完熟梅ジャム150g  2個

お弁当用はちみつ小梅500g 塩分控えめはちみつリンゴ酢梅500g 無添加手作り完熟梅ジャム150g 2個

「お弁当用はちみつ小梅」

お客様より、お弁当梅干しのご要望があり作りました。
子供さんでも、食べられるように塩分を落として、
美味しくはちみつ味で作りました。

また、毎日のお弁当にということで、農家ならではの少し傷があったり、
少し潰れている梅で、作ることにより、価格もお安く提供できるように
なりました。

一度、食べられた方は、「美味しくて、何個も食べてしまう~。」と
嬉しいお言葉をいただいております。


「塩分控えめはちみつリンゴ酢梅」

「梅はその日の難のがれ」
朝、出掛ける前に梅干を食べると、
その日は災難をまぬがれるという説があります。
昔、旅人が、その土地特有の熱病や風土病にかからない
ように、梅干を「薬」として携帯していたからです。
梅に殺菌効果があることは、学問的にも認められ、
多くの人が体験しています。 今でも旅館などで、
朝食に梅干が出されるのは、この説が生きているためです。

このように、梅干しは良いと思っていても、どうしても苦手だなあ~。
あの酸っぱさが、どうしても苦手だなあ~と思っておられる方、
おられませんか?

私は、思っていました。
梅農家に嫁ぐまでは、梅干しが苦手で、ほとんど食べていませんでした。
梅エキスは、常に家にありましたので、お腹が痛くなった時ぐらいに
しか梅に関わることがありませんでした。

でも、梅農家に嫁ぎでからは、毎日梅と顔を合わすようになり、
梅が苦手な方にも食べられる梅はないのかな?と思うようになり、
ひたすら作ってみました。

まずは、なぜ苦手かな?と考えると、あの酸っぱさです。
甘いものだと食べれるのでは?と思い、甘さを出すのは、
糖分ですが、お砂糖はあまり使いたくないし......。

塩分は、水にもこだわって、ある水に漬けて塩分を落としました。

甘さをはちみつで作ってみたのですが、梅のエキスが出てしまって
しわしわの梅になってしまって.....。
見た目にもこだわっていましたので納得がいかなくて.....。

そんな時、リンゴ酢でも甘みが出ることがわかり、ハチミツ、リンゴ酢で
作ってみたのですが、リンゴ酢を入れることにより、
発酵してしまって
カビが出たりと、いろんなことを試してみました。
試している内に発行するリンゴ酢には、アルコールが入っていたり、
他に何かが入っているからだとわかりました。

でも、リンゴ酢で甘みが出るのは間違いないとわかっていたので、
リンゴ酢を探しまわりました。

そんな時、求めていたはちみつリンゴ酢と出会い、
梅干しが苦手な方でも、食べられる梅が出来上がりました。


「無添加完熟梅ジャム」

梅の実を食べたことがありますか?
ほとんどの方が食べたことがないかと思います。
梅農家さんでも、食べる人はほとんどいません。
でも、完熟の梅はびっくりするほど美味しいです。
ほんのり甘くて、フルーティーな香りが甘酸っぱい、
まるで杏のような味わいです。

完熟した梅はとても柔らかいため崩れやすく、出荷ができません。
でも、このフルーツのような梅の美味しさを
お届けしたいと思い、ジャムにしました。

作ってみると、思うようなジャムにするにはとても難しく、
特にオレンジゴールドのきれいな色合いを出すために
加えるのはシュガーだけ、火加減と煮詰める時間に
とても気を配ります。
でも、くつくつ煮ていると、その色と梅のフレッシュな香りに
とても癒されるのです。

完熟梅を使った贅沢なこのジャムは、農家でしかできない特別な
美味しさです。
手作りのため、量産できません。
梅が木の上でゆっくり熟され、丁寧に収穫させてジャムになる
豊かな時間を想像してみてください。
ジャムを食べることに、幸せな気持ちになります。

こちらは市販のジャムよりもとろみがありますから、
ヨーグルトやアイスクリームにかけて召し上がるのが
お手軽ですが、お口に入れるとパッと広がる甘酸っぱい味わいを
もっと活かせないかなと思って、お料理に使ってみました。

市販の醤油ドレッシングやポン酢に加えると、とてもフルーティーな
爽やかな味わいになり、焼き肉のたれに加えてお肉に漬け込んで
焼くと、さっぱりした美味しさにと料理が引き立ちます。
ぜひ、お試しください。
▼ もっと見る