【丸650〜750g】味に自信あります!こばさんちの《にんにく》

【丸650〜750g】味に自信あります!こばさんちの《にんにく》

内容:にんにく《丸》15〜40個

発送日:月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日

2,400 (税込 / 送料別)

この商品はお届け日を指定できません。

ご注文から2〜5日以内に発送いたします。

宅急便コンパクトでのお届けです。
1個15〜45gの小ぶりのニンニクです。

ビニールハウスで日光に当て、倉庫で扇風機に当てて乾燥させました。スーパーで売られているように真っ白に乾燥するのはなかなか難しいですが、味には自信があります!!

「こばさんちのニンニクは、香りが残らず、たくさん 頂けますねー、翌日なーんも気にしなくて OK」

「他のニンニクとは全然違う!甘みがある!」

「一粒にギュッとにんにくの味が詰まってるから、少しの量で満足です」


全国各地で大人気の【五島こばさんちの『にんにく』】お一人で20kg購入されたお客様もいるほど。炊飯器で「黒にんにく」を作ったり、醤油に漬けて「にんにく醤油」にしたり、「にんにく仕事」始めてみませんか?

『保存方法』
①10月までに使い切る場合:常温保存でOK。
(外皮乾燥しています)

②できるだけ長持ちさせたい場合:冷蔵庫での保存がオススメ!
→低温保存することで発芽を遅らせることができます。(植え付け時期の10月を過ぎて常温に置いておくと芽が出やすいです)
→いつまで品質を保つことができるかは実験中。2月頃までは大丈夫だと思います。

③冷凍保存可
皮をむいて冷凍→冷凍のまますりおろしたり、丸ごと使えます!
スライス後に冷凍もOK

④にんにく醤油

⑤にんにくのオリーブ油オイル漬け<味>

五島こばさんちの『にんにく』】美味しさの秘訣は❣️


【土着微生物を活かす『自然農業栽培』】

除草剤、農薬、化学肥料は使っていません。

「米ぬか」や「おから」が原料の自家製「ぼかし肥料」や「よもぎ」や「たけのこ」からつくった「天恵緑汁」、自家培養の「光合成細菌」「玄米酢」「五島の海水」等を調合し、「土づくり」を行なうことで、『にんにく』の旨味や甘味を最大限引き出しています。

自然のままの生態系が守られているので、「こばさんちの畑」には「ミミズ」や「ダンゴムシ」など「生き物」がたくさんいます。

生き物がたくさんいるということは、土の中の土着微生物の働きも活発!『にんにく』の根から、栄養や酸素が行き渡って「美味しさが増す❣️」という仕組み。

そして、安心安全。

農園主、【木場義博(こばよしひろ)】は、若い頃に全国各地の様々な農業に触れ、農薬の弊害を肌で感じ、身体が弱かったことから、【マクロビオティック】など食の分野も勉強し、【安全で美味しい野菜を作りたい!食べたい!お客様に直接お届けしたい!】と地元、【五島列島福江島(ごとうれっとうふくえじま)】で【土着微生物】を活用した【自然農業】の研究と実践を重ねています。

海に囲まれた島でミネラルたっぷりに育ちました。

『管理栄養士〜こばさんちのムスメ〜ふるかわしほ〜にんにくオススメレシピ 』


①【にんにくステーキ】
肉に塩コショウで下味をつけ、フライパンに油を引いて、スライスした「にんにく」を投入。少し香りが出たら、お肉を焼いて、できあがり。


②【ガーリックトースト】
「にんにく」1片ををすりおろしてバターに混ぜて、パンに塗って、トースターでチン。
*ガーリックオイルを塗るのもアリ。

④【お肉のにんにく醤油漬け】
鶏肉や豚肉を刻んだ「にんにく」と醤油に一晩漬けてそのまま焼いたり、唐揚げに。

⑤【いつもの炒め物にんにくアレンジ】
野菜炒め、キンピラ、焼きそばなど材料を炒める前に油を引いたらスライス「にんにく」投入。

⑥お弁当には、レンコンだけ、しいたけだけ、など1つの食材を選んで「にんにく」炒めにすると、アクセントになります。

しかし、にんにくは食べすぎ注意です ❗️
食欲そそるいい香りも、刺激成分!食べ過ぎると口内炎ができたり、胃腸が荒れてしまいます。個人差がありますが、目安は1日にんにく料理一品がオススメ。
▼ もっと見る