まろやか・深蒸しかぶせ緑茶!特上かぶせ茶【葉月】105g(農薬・化学肥料・除草剤不使用)

まろやか・深蒸しかぶせ緑茶!特上かぶせ茶【葉月】105g(農薬・化学肥料・除草剤不使用)

<味>
収穫の2週間前から、日光を遮断して、旨みや甘みを最大限に引き出した緑茶です。
リラックス成分である茶ポリフェノールのテアニンがたっぷり。

深く蒸すことで、口当たりがまろやかになり、体にも良い成分を多くいただけます。

ほっとひと息のお茶タイムにぜひどうぞ。


<栽培のこだわり>
寒冷紗と呼ばれる資材を使い、日光を遮断する栽培方法は、手間がかかりますが、その分美味しいお茶に仕上がります。

農薬・化学肥料・除草剤・畜産堆肥を一切使用せず、上質な春の一番茶のみを収穫しています。


<産地の特徴>
京都宇治茶の生産地で、多くの銘茶が栽培されています。
山里特有の寒暖差の激しい気候が、旨みのあるお茶をつくる要因とされています。


<品種など>
やぶきた


<かぶせ茶葉月のおすすめの淹れ方>
60℃から80℃程度の低い温度で淹れると旨みや甘みがよく出ます。
また、低温で淹れることで“かぶせ茶”と特徴であるテアニンという茶ポリフェノールがよく出ます。
テアニンはお茶の栄養成分と、ほっこりリラックス成分です。ぜひお楽しみください。

熱めのお茶がお好みの方は、茶葉を多め(通常5g →8gから10g)に入れ、抽出時間を短めにして淹れると、濃い味で渋味が少なくなります。(30秒から1分)

また、夏は水出しすると旨み・甘み・テアニンが最大に抽出できますので、水出し緑茶としてもお楽しみください。

【熱々のお湯〇 ぬるめお湯◎ 水出し◎】


<茶殻の活用>
農薬を一切使用していませんので、お茶を淹れ終わった茶殻を食べることもできます!

*茶葉に固い茎が入っている場合もあるため、取り除いてからお楽しみください。

手軽でおすすめの一品は、茶殻にポン酢をさっとひとまわし。鰹節をかけて、お茶のおひたしの完成です。
▼ もっと見る