デッカイ白菜 1玉3~4kg
デッカイ白菜 1玉3~4kg
デッカイ白菜 1玉3~4kg
デッカイ白菜 1玉3~4kg

デッカイ白菜 1玉3~4kg

昔ながらのドデッカイ白菜です。
デカい、とにかくデカい。大きすぎてゴメンなさい!
個体差がありますが、1玉が3~4kg。
鍋やったって食べきれません!
もちろん冷蔵庫には入りません(笑)

1/4カットされた白菜や、品種改良されたミニ白菜(うちも作ってますが)の販売が当たり前になったスーパー。
田舎でも大きな白菜は漬物用(サイズ重視で味はイマイチの品種)は道の駅などにはあるけど、味にこだわった昔ながらの大きな白菜はスーパーの売り場の棚の関係から販売されず、こだわっている農家が自分や親戚に配るために作るだけになってきています。
それもちょっと寂しいと思い、昔ながらの大きい白菜をお届けします。

お送りする際の梱包ですが、米袋(厚手の紙袋)に入れ、白菜は本来は捨てる「外葉」を付けて送る予定でいます。
(試行錯誤しながらの梱包になるので変更するかもしれません。傷まないようにベストをつくします)
外葉が緩衝材の役割をします。
外側の緑の濃い葉、数枚が外葉。
一応食べられはしますが、固くてまずいのでもったいないと思わずに潔く捨ててください。
食べチョクのこのページの写真の色の葉から美味しく食べることができますので、参考になさって下さい。

長持ちさせるために、白菜を調理する時には縦半分に切るようなことはせずに葉を1枚づつむいて使ってください。
そして都度、新聞紙にピッタリ包む(ビニール袋不可)新聞紙でなくバスタオルで包んでも良いです。
家の外のとにかく北側の日光の当たらない場所に置いて保存してください。
マンションの方は玄関など一番寒いに置いてください。
なんとか冷蔵庫に入るサイズまで食べ進んだら、冷蔵庫保管が良いです。
冷凍保存も出来るので、のちに加熱調理するなら冷凍を。

長野県では当たり前のことになりますが、10月~5月頃は気温が低いために虫の発生がほぼ無いために、この期間は農薬は全く使用していません。
(農薬使用期間は当然正しく使い、全ての野菜の管理日誌を記載、JAへ提出チェック合格しています)
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る