原木生椎茸

原木生椎茸

内容:生椎茸レギュラー200gパック8個入れを原則として宅配します。1キロ(2000円)を1アイテムとしても対応できます。連絡くだされば予算に応じていかようにも対応します。

発送日:日曜日, 月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日

3,200 (税込 / 送料別)

冷凍で保存してください。

通称、「ジャンボ椎茸」と呼ばれていて、肉厚の大きな椎茸です。この椎茸は冬場の厳寒気に無加温のビニールハウスの中で生長します。親指大から直径7~8センチまでになるまで約一月ほどかかります。そして、厳寒期に生長するため、いわゆる「寒じめ」栽培ができ、焙って食べるだけで甘さを感じます。そういう意味では希少価値の椎茸といえます。

~旬の生椎茸はおいしい~
椎茸には「旬」というものがあります。広辞苑では「魚介・蔬菜・果物などがよく熟して味の最も良いと
き」とあります。原木椎茸の場合は春と秋が原則です。ところがその旬の椎茸はあまり市場には出回りません。一挙に自然発生しますから、大方は乾椎茸となってしまいます。旬の生椎茸のおいしさは、菌床椎茸や短期原木栽培でのおいしさとは全く違います。別の品物だという人もいます。

当園では、その旬のおいしさを心がけて、椎茸を栽培しています。原木椎茸は本来、農薬や肥料など化学物質は使う必要はなく、自然のままで栽培できる唯一といってよい「野菜」です。しかし、近年では原木椎茸にもさまざまな栽培方法が考案され、その方法によってはホダ木の消毒などに化学物質を使う場合が出てきております。

菌床椎茸の場合は「ホダ木」作製段階から消毒などに価格物質が使用され、また、「栄養剤」と称して添加物が使用されています。ですから、椎茸が大好物であるナメクジが私のホダ場では大きな顔をして徘徊していま
す。気持ち悪いという人もいますが、これが生態系なのです。

卸売市場を経由しての販売だと、生産者が販売店を決めることができません。当然、生産者に価格の決定権もありません。販売店によっては、菌床椎茸と全く同じ売り方をするところがあり、当然単価にも差が出ません。それは当園の本意ではありません。菌床椎茸と同じ価値をもつならやむをえませんが、その価値に見合った価格設定をしてもらわないと原木椎茸自体が存続できません。
▼ もっと見る