髙橋鯉屋

山形県 長井市

髙橋鯉屋

山形県長井市で鯉の養殖加工販売を行っております。
大正11年(1922年)創業。2022年で創業100周年となりました。

全国養鯉振興会最高賞、2年連続水産庁長官賞受賞(平成19年・20年)。


江戸時代、米沢藩主上杉鷹山が厳しい冬のタンパク源確保を目的として養殖を奨励したのが始まりで、現在も山形で愛されている鯉。

米沢藩の一部であった長井市で大正11年(1922年)創業以来、鯉にこだわって養殖から加工まで一貫して取り組んで参りました。
清流流れる「水のまち」長井で3年かけて育て上げた自慢の鯉を、五代続く現在も手作業にこだわり心を込めて製造しております。

砂糖と醤油のみのシンプルな味付けと創業当初から続く継ぎ足しタレで炊き上げた旨味たっぷりの「鯉の甘煮」を是非ご賞味ください。