南條海苔

岡山県 倉敷市下津井

南條海苔

食べチョク登録:2021年 10月

この生産者は「下津井うめぇもん」からグループで出品をしています

下津井漁港にて、三代続く海苔養殖
弊社は、岡山県倉敷市の下津井漁港にて、昭和49年に創業。瀬戸内の環境を生かし、代々受け継いだ知識、経験、勘をもとに、40年以上にわたって海苔作りに打ち込んでいます。
刻々と変化する自然環境の中、あれこれ思案し作り出す海苔は、瀬戸内海が育んだ美味なる賜物。
弊社が自信を持ってお届けする最高の一品です。
また、伝統を受け継ぐだけではなく、瀬戸内下津井の海苔養殖業発展のために新たな試みにも挑戦。
それが、自社での味付のり等の加工販売、すなわち「鷲羽のり」というブランドの立ち上げです。
「本当に良い海苔しか市場に出さない」という誓いのもと、私達が作り出した究極の逸品を是非お召し上がりください。

わたしたちのこだわり

本当に良い海苔しか市場に出さない

本当に良い海苔しか市場に出さない

これは「鷲羽のり」ブランドの立ち上げ・販売を開始するにあたり立てた誓いです。

「下津井産の海苔の本物の味を証明したい」。その願いを叶える為、先代より培ってきた海苔の生産業者としてのこだわり、高い知識、スキル、ノウハウすべてを海苔作りに注ぎ、尽力してきました。その結果、岡山県産のり共進会にて、最高位の「農林水産大臣賞」を三度受賞し、本物の味として認めてもらうことができました。

自然環境は刻々と変化しています。それに合わせ、良質の海苔に仕上げるために網の管理、海苔の育て方、製造方法等、そのタイミングで最もふさわしいやり方を選択し、調整を図っています。代々受け継がれた知識、経験、勘があるからこそ成せる技であり、それこそが「瀬戸内の自然の恵みと人の技」という所以です。

弊社では、毎シーズン高品質とされる1番摘み海苔の中でも、さらに色・艶・香り・歯ごたえ・口溶けの良さ等、全てにおいて優れたものだけを選び抜き、瀬戸内下津井産極上海苔として自信を持ってお客様にご提供しています。
それが、「鷲羽のり」です。

妥協を一切許さない海苔作り

妥協を一切許さない海苔作り

海苔の品質はさまざまであり、その微妙な差であれば消費者は気づかないというケースが少なくありません。特に加工海苔の場合、火入れや味付けなどの工程が加わるので、その傾向はより強くなると思います。
しかし、私たちがお客様へお伝えしたいのは「本物の美味しさ」。そのために、真正面から海苔作りと向き合い、惜しみなく時間や手間をかけ生産し、確かな目で「鷲羽のり」となるべき海苔を選定しています。

不器用ではありますが、「本物の美味しさ」を伝えるため、その信念だけは堅く貫いています。お客様に瀬戸内下津井産の豊かな「食」をお届けするため、妥協は一切許しません。
その道一筋に打ち込んできた、海苔漁師としてのプライドです。「超厳選 鷲羽のり」、是非ご賞味ください。

鷲羽のりの特徴

鷲羽のりの特徴

【味】
瀬戸内海の豊かな栄養を受けて大切に育てられた海苔には、グルタミン酸やイノシン酸など、たくさんの旨味成分が凝縮されており、噛めば噛むほど口の中に旨味が広がるので、海苔本来の味を存分に実感できます。
そのお味はお年寄りから小さなお子様まで多くの方に愛され、食卓の欠かせない一品となっています

【食感】
食べ応えのあるしっかりとした厚みをもち、歯切れの良い「パリパリ」とした食感です。
また、食べた時の口溶けの良さも鷲羽のりの特徴の一つです。確かな目で厳選された海苔は、ご飯やサラダ、パスタなど、いろいろなお料理と相性が良く、それぞれのお料理の中で変化した食感を楽しむことができます

【香り】
海苔の品質を決めるうえで欠かせないのが「香り」。
瀬戸内の恵みをしっかりと蓄えた海苔には豊かな磯の香りがあり、食感を掻き立てられます。
また食べた後にふんわりと残る風味が「また食べたいなぁ」という気持ちにさせてくれます

この生産者の商品一覧