あごだしのはたした

長崎県 南松浦郡新上五島町

あごだしのはたした

食べチョク登録:2021年 07月

「あご」とは、九州北部や日本海側で呼ばれる飛魚の呼称です。その由来は、あごが落ちるほど美味しい魚であるから、飛魚を「あご」と呼ぶようになったなど諸説あります。私どもは、長崎県五島列島の上五島で代々あごだしの原料である飛魚を自ら漁に出て確保し、昔ながらの炭火焼にて手作り加工しています。

わたしたちのこだわり

長崎県上五島産のあご(飛魚)のみを使用

長崎県上五島産のあご(飛魚)のみを使用

長崎県上五島の集落の眼下に広がる海であご(飛魚)漁をし、加工・販売を行っております。

あご(飛魚)のみの十割だし

あご(飛魚)のみの十割だし

水揚げしたあご(飛魚)は、加工場に運ばれ、人の手で一尾一尾串に刺し、炭火で焼き、乾燥させ「焼あご」を製造しています。

炭火焼きのあごだし

炭火焼きのあごだし

昔から引き継がれてきた炭火焼にて製造する「焼あご」のあごだしの製法。

手作りで丁寧に仕上げています

手作りで丁寧に仕上げています

昔ながらの炭火で焼き上げる作り方は手間ひまかかりますが、先代から変わらない美味しさを守っています。

この生産者の商品一覧