あごだしのはたした

長崎県 南松浦郡新上五島町

あごだしのはたした

「あご」とは、九州北部や日本海側で呼ばれる飛魚の呼称です。その由来は、あごが落ちるほど美味しい魚であるから、飛魚を「あご」と呼ぶようになったなど諸説あります。私どもは、長崎県五島列島の上五島で代々あごだしの原料である飛魚を自ら漁に出て確保し、昔ながらの炭火焼にて手作り加工しています。