《たっぷり徳用サイズ》澄んだうま味の黄金だし!炭火焼きあごだしパック(5g×30ケ×2袋)原料は五島列島産の飛魚(あご)のみ☆昔から不変の食文化を楽しめます!

《たっぷり徳用サイズ》澄んだうま味の黄金だし!炭火焼きあごだしパック(5g×30ケ×2袋)原料は五島列島産の飛魚(あご)のみ☆昔から不変の食文化を楽しめます!

※運営からのお知らせ※
新型コロナウイルスの影響で、飲食店が時短営業や休業になったことで、売上が通常期の40%にも満たなくなってしまったそうです。

あごだしは長崎五島列島の名物ですので、この機会にぜひご検討ください。
<味>
 「あご」とは、九州北部や日本海側で呼ばれる飛魚の呼称です。あごだしに使われる飛魚は、秋にかけ日本海(島根県沖など)から南下してくる幼魚を使用します。白身魚で生臭みがなく脂質も少ないため焼あごとして最適です。
炭火で焼くことで、うま味が凝縮し香ばしさも加わり、澄んだ黄金色の上品なだしができます。上五島では、五島うどんやおでん、雑煮などの汁物料理に欠かせません。

<栽培のこだわり>
昔ながらの炭火にて焼き上げた「焼あご」の製造を続けています。
上五島で代々あご漁を営み、集落の眼下に広がる海では、秋口に吹く北風にのってあご(飛魚)が集まります。このあごの漁獲から加工・販売を行っております。
水揚げしたあごは、加工場に運ばれ、人の手で一尾一尾串に刺し、炭火で焼いていきます。その後、乾燥させたあごを粉砕しパックに詰め、焼あご十割(100%)のあごだしパックの完成です。
昔ながらの炭火で焼き上げる作り方は手間ひまかかりますが、先代から変わらない美味しさは抜群です。

<産地の特徴>
 九州の西方約50kmに位置する上五島(五島列島)は、黒潮本流から分岐する対馬暖流と沿岸流との影響で魚の回遊が多く、年間通して様々な魚介類が水揚げされています。集落の眼下に広がる海では、秋口に吹く北風にのって飛魚(あご)が集まります。

<品種など>
 あごだしに使われる飛魚は、秋にかけ日本海(島根県沖など)から南下してくる幼魚を使用します。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る