もりやま園

青森県 弘前市

もりやま園

もりやま園は青森県弘前市で100年以上に亘ってりんご作りを続けてきている老舗のりんご園です。りんご果樹経営を持続可能な産業へ成長させるべく、栽培管理にIT技術を取り入れ、年間の作業工程の約75%に相当する『捨てる作業』を『ものづくり』へ昇華。摘果した未成熟りんご『テキカカ』を収穫可能にし、テキカカを主原料に製品化したテキカカシードルやテキカカアップルソーダが、エシカルな商品として注目されています。

わたしたちのこだわり

青森県特別栽培農産物の認証取得

青森県特別栽培農産物の認証取得

もりやま園で栽培しているりんごは全て、青森県特別栽培農産物の認証を取得しております。【節農5・化不】という区分で、節減対象農薬の使用を慣行栽培の5割以下に削減、化学肥料は用いないという栽培方式です。もりやま園で最も人気の蜜がビッシリ入る品種『こうとく』も、もちろん特別栽培です。

『捨てる作業』を『ものづくり』へ

『捨てる作業』を『ものづくり』へ

りんご園で初夏に行われる摘果作業では、実に9割の摘まれた未成熟りんごが、使い道が無く廃棄されます。もりやま園では5年の歳月をかけ栽培管理方式をゼロから再構築し、2017年に晴れて摘果りんご『テキカカ』を農産物として収穫可能とすることに成功。テキカカの果汁でシードルやノンアルコール飲料を製造、りんご園の『捨てる作業』を『ものづくり』へ昇華させる6次産業化の推進に取り組んでいます。

自社開発のICT技術で栽培管理

自社開発のICT技術で栽培管理

もりやま園では【Agrion(アグリオン)果樹】というアプリケーションを用い、園地の栽培管理をしています。このデバイスを用い全作業のビッグデータを集積することで、園地の作業工程の可視化が進み、そこから『園地作業の約75%に相当する【捨てる作業】をモノづくりへ転換することで、もう1本の果樹経営の柱を構築する』可能性・必要性に気づくことが出来ました。

新たな価値の掘り起こし・創造

新たな価値の掘り起こし・創造

摘果りんごの活用で産まれたテキカカシードルやアップルソーダ。眠っている資源から新しい価値を掘り起こし創造することは、もりやま園のテーマの一つとして掲げられています。『あおり9号 商標名:彩香(さいか)』というりんごは、優れた耐病性と自己摘果性を併せ持つにも関わらず、 見た目がちょっとだけ悪い理由から生産者に定着しませんでした。その彩香をもりやま園では持続可能な農業に役立てるため、 【節減対象農薬と化学肥料をいずれも使用しない】極めて環境負荷の少ない彩香の特別栽培の実用化とシードルの商品化に着手、酵母は園地に眠っていた天然酵母を幾つも採取・選抜したものを使用し醸造したのが『えんシードル』です。

この生産者の商品一覧