留守農場

千葉県 八街市

留守農場

落花生の産地である、千葉県八街市にて親子3代にわたって年間60種類の野菜を生産しています。
東京ドーム3個分(約14町)の畑で、サツマイモ、落花生、人参、生姜、ネギなどを栽培しています✨
今年からブルーベリーの養液栽培も始めました。
『笑顔』をモットーに、元気で楽しく、時に厳しく、従業員13人一丸となって働いてます☺️

わたしたちのこだわり

就農のきっかけ

就農のきっかけ

落花生の産地として有名な八街の農家の3代目として、父親のあとを継ぐ形で就農しました。
前職では、弁当屋を14年経営してました。『なにより美味しいお米を炊きたい』という一心で、厳選した米農家からお米を取り寄せ、わざわざ釜戸を使ってご飯を炊いていました。
店先では、当時農家であった父親の野菜を産直野菜として販売していました。ある時、そうした野菜を見て、『自分ならもっと違った売り方ができる』と考え、農業の道へ。
それ以来、地元スーパーの産直コーナーにて、新鮮で美味しい野菜はもちろん、珍しい野菜や加工品の販売を続けてきました。

留守農場では酵素農法と呼ばれる栽培方法で野菜を栽培しています。この酵素が土のなかにいる微生物たちの働きを活発にし結果として土も豊かになります。さつまいもやとうもろこしなどの作物の格別の甘みはここに由来するものです。茹でて

農業人としての誇りを胸に

農業人としての誇りを胸に

どの作物もひとつひとつ愛をもって大切に成長を見守っています。
農家として野菜を作るのではなく、寄り添い、成長を手助けするのが我々の使命です。
皆様の身体をつくる源として野菜を生産、お届けすることに誇りを持ちつつ、日々誠実な気持ちで野菜と向き合っています。

最高のタイミングで美味しい野菜を収穫する。お客様の喜ぶ顔をイメージして一粒の種を植えます。
全てはお客様の『おいしい』の追求のためです。

留守農場の四季のお野菜の紹介

留守農場の四季のお野菜の紹介

春夏秋冬、一年の四季を通じて様々な野菜を生産しています。

3枚看板として、朝獲りの美味しさが格別なとうもろこし。
熟成の時を経た甘味が好評いただいておりますさつまいもの紅はるか。さらにはここ八街市が誇る作物、販売時期が限られ、稀少な生落花生のおおまさり。自家焙煎で作り上げる煎り落花生の千葉半立。

他にも、牛蒡、人参、ねぎ、きたあかりや、八街名産の囲い生姜。トマト、ナス、枝豆等の夏野菜。さらには大好評の紅はるかを使用した自家製干しいもに、香ばしい香りがたまらない牛蒡茶などの加工品の生産も行っております。

人を育てる

人を育てる

2018年に念願の法人化を果たしました。全ては従業員のためです。

『野菜を育て人も育てる』

地域農業を支える、日本農業の未来を担っていく農業従事者を育てていく。これは留守農場の使命であると思っています。
これまでに佐賀、静岡、千葉と、5人の独立就農者を世に送り出してきました。
何故そんなことが可能なのか。
それは、やりたいと思うこと、学びたいことを最大限やらせてあげる環境が整っているからです。

具体的に言うと、当農場に来て独立を目指す人には、まず畑を貸します。
1列でも2列でもいいから、まずは好きな野菜を育ててもらいます。自分の畑なので、自分次第で良い結果も悪い結果も出てきますが、その中で学んで、考えて、立派な農業経営者として育っていくんです。
彼らは、仕事以外の自由時間を削ってでも、自らの夢のため、日々野菜作りに励んでいます。

当サイトでは、留守農場の野菜として、彼ら個人個人が生産した野菜も販売していきたいと思っています。
彼らの夢に共感し、応援してくれる方からのご注文を、留守農場一同、是非ともお待ちしております。

この生産者の商品一覧