こうのとり風土セントラルファーム

兵庫県 豊岡市宮井

こうのとり風土セントラルファーム

食べチョク登録:2020年 09月

こうのとり風土セントラルファーム 代表の綿田(ワタダ)です。兵庫県豊岡市で但馬牛を飼育する小さな牧場です。食べた方が笑顔になる牛肉生産を目指し、持続可能で人と地球に優しい畜産の構築を目指しています。是非ぜひ、円山川の牧草をたっぷり食べたローカルビーフを味わってください。

※3月1日より変名し「こうのとり風土セントラルファーム」と致します。引き続きよろしくお願い致します。表示物は2月末より、印刷物は順次切り替えを行なって参ります。

わたしたちのこだわり

土づくり、牧草づくり、牛づくり、お肉づくりと永続する一環経営を目指しています。

土づくり、牧草づくり、牛づくり、お肉づくりと永続する一環経営を目指しています。

仕事は土づくりからはじまり、春から円山川の河川敷で牧草の収穫、秋には田んぼで藁の収穫、そして牧場で生産した放線菌たっぷりの完熟堆肥を田んぼへ散布します。そうした循環のサイクルの中で農産物を生産することを大切に考えています。

地域で集まるエコフィードを活用しています。

地域で集まるエコフィードを活用しています。

一般的な牛肉は輸入飼料を主体に生産されますが、私たちは自給牧草と地域で集まるエコフィード(おから、酒粕、米粉、米ぬか等)を組み入れて牛肉を生産しています。飼料調達の約70%は市内を含む国内で生産されたものになります。

この生産者の商品一覧