感動果物農家山本農園

和歌山県 和歌山市

感動果物農家山本農園

こんにちは、感動果物農家山本農園山本康平です。

私は和歌山市の山東地域で果樹を栽培して、皆さんに美味しい!こんなの食べたことない!と”感動”をお届けできるように日々頑張っています。

春には家の裏庭(畑というべきか)の桃の花が満開、夏には桃を収穫、秋には柿が実り、冬にはみかんが、とさすが和歌山、果物にあふれる中で生まれ育ちました。

◆何故農家に??
子どもが好きで元々は大阪市で教員として勤めていました。忙しいながらも毎日楽しく働いていたのですが、やはり11代続く家業の農業は大切にしたいという気持ちが強くありました。
そんな中、父が大幅な畑の縮小を計画し、たくさんの果樹を切ろうとしていました。果樹は大きくなるまでかなりの年数がかかるのにです。自分の代で終わらせるのだろうという気持ちがあったのでしょう。
果物に満ち溢れ、果樹の並ぶ景色は私の誇りでしたので、木々の命を引き継ぎたいという気持ちから農家となりました。

そこからは農業での失敗の連続でしたが、高糖度を叩き出す果樹農家の皆さんから学び、肩を並べる程の高品質で甘い果物になってきました。

◆生産物・地域の紹介
和歌山市山東は、多くの栄養素を含んだ高い地力の赤土土壌です。気候も大変温暖で、あらゆる果樹を植えてもスクスクと健康に育つことから、桃や柿、そしてみかんやスモモと果樹のパラダイスのような地域となっています。
高い地力というと聞こえは良いのですが、栄養が必要でないタイミングでも木が吸ってしまい、締まりのないメタボ果物になってしまうケースがあります。
なので、BMミネラル農法というものを生かし、果樹に栄養分の吸収をコントロールさせて、引き締まった果物を育てるようにしています。

土壌をなによりも大切に考えているため、土壌生態系を壊す可能性のある除草剤は、桃柿には一切使用せず、みかんにも極力使わないようにしています。

◆伝えていきたいこと・信念
私は、世界に誇る常識外な高糖度果物を育てることを本気で目指しています。
かなりの手間と肥料代がかかりましたが、桃では糖度30度(光センサークボタフルーツセレクター計測)という常識外の甘さを誇る記録を叩き出し、メディアに取り上げられたりしました。県内で全果物を合わせても初めての数字だそうです。

でも、私にとっては通過点だと考えています。
和歌山市山東地域から、心から美味しい、食べたことない、と”感動”するような果物を提供して、みなさんの”家族、親戚、大切な人たち”に笑顔が広がることを本気で願っています。
そのために個人農家にしては大変珍しく、全量光センサー計測を行い、間違いのない甘く美味しい果物をお届けしてまいります。

一度食べて頂いたら、間違いなかった、と思っていただけるはずです。感動果物農家の名に恥じない、確実なものをお届けしてまいります。

わたしたちのこだわり

農法貫き、和歌山で初めて30度超桃を生み出した農家

農法貫き、和歌山で初めて30度超桃を生み出した農家

 「果物は”甘さと旨さ”である」

と考え、代々続き36年間、どの農家よりも糖度への追求を行い続けました。
 あらゆる農法の試行錯誤の末、甘さと旨さが爆発するノウハウを確立し、糖度31.7度(brix値クボタフルーツセレクター計測)という常識外の糖度を編み出す事が出来ました。

 感動果物農家山本農園は、酸化鉄を多く含むとても地力の高い赤土土壌です。かなり栄養がある土な分、普通に栽培すると、メタボ果物という、しまりの無い味わいになってしまいがちです。
 11代続く試案の末、ミネラルBM農法という土壌微生物の栄養を分解する力を意図的にコントロールして、メタボになることを防ぐことが可能になりました。
そして、マグネシウム分などのミネラルを活用し、果樹に栄養が必要な時期に徹底的に吸収させて、しまりがあり豊かなおいしさを育むことができました。
 結果、年間15社近くのメディアから取り上げられる農園と成長しました。

【除草剤使わず、草生栽培】

【除草剤使わず、草生栽培】

土壌微生物の活動に着目している栽培のため、微生物を殺してしまう除草剤はもってのほかです。雑草の土を持ち上げてくれる作用により土もふかふかに保ちやすく、果樹の根も呼吸しやすい環境を作るようにしています。なので、桃、柿では完全に除草剤不使用です。
柑橘類は平地での除草剤不使用か、傾斜の除草剤部分使用かを天秤にかけた結果、後者の方が総合的に美味しいという結論となり、極力抑えた中での使用をしています。合理的な美味しさを求める結果、それぞれの方向に進んで栽培しています。

【味の決め手骨粉有機肥料】

【味の決め手骨粉有機肥料】

有機の肥料の中で最も実への味わいを深めるものの一つに骨粉肥料があります。
化学式にも当て込み、考えてもわからないのですが、これが一番おいしく育ちます。全国の優れた農家さんにも聞いてみると同じ結論をいうから不思議です。
しかし、骨粉肥料の弱点は中々分解されない、というのがあります。
地中の中でそのまま埋もれてしまいがちなのですが、私たちが注目した土壌微生物の活動によって、無駄なく効率よく分解させ、果樹に徹底的に吸わせることができました。甘さと旨さを生み出すオリジナル配分の骨粉肥料を活用しています。

ハズレを無くす全量糖度光センサー選別

ハズレを無くす全量糖度光センサー選別

どれだけの技術を確立しようが、やはり自然のもの、味わいに個体差が出てしまうのは仕方ありません。どれを食べても安心して美味しい、次々と食べたい!をお届けするために、個人農家としては大変珍しい糖度光センサーで全量選別しています。
商品によっては、糖度20度以上というとんでもない甘さでご用意させていただいています。
とんでもなくハードルは高いのですが、やはり感動果物農家と名乗るにはここまで徹底的にしないとと考えて導入しました。
また、仮に、本当に仮にですが、他に糖度20度の桃があったとしても、弊園の桃の方が硝酸態窒素が残りにくい農法をしているので、より旨味が乗っている自信があります。

この生産者の商品一覧