まるしょう農園

高知県 東洋町

まるしょう農園

南国高知の東端、冬でも汗をかくと古くから言われた陽だまりのような南向きの斜面を父が開墾し、ポンカンを栽培し始めたのは昭和30年代初めでした。その後、小夏、セミノール、レモンなどを加え、除草剤や化学系農薬を使わず(天然系農薬に限定して使用)、安心安全な美味しさを追求しています。