にじまち

愛知県 半田市吉田町

にじまち

”食からはじまる未来のまちづくり”

にじまちの事業目的は、人と人をつなぎ、食の力で次世代に向けたまちづくりの一翼を担うことです。

にじまちは、食を中心にしたまちづくりのキッカケをつくる企業でありたい。社名の「にじまち」には、その過程で困難もあるだろうけど、必ず街に”にじ”をかけるという想いを込めています。

食を通じて人が集まり、住み良い街に発展していくことを願っています。

にじまちでは、現在愛知県常滑市で4000㎡の高度環境制御された太陽光利用型植物工場で、ミニトマトを中心に有機肥料のみを使い隔離土耕で栽培しています。

※にじまちは八洲建設グループです。

わたしたちのこだわり

栽培方法の策定から実際の栽培、出荷まで人が向き合います。

栽培方法の策定から実際の栽培、出荷まで人が向き合います。

金赤トマトは、経験・知識共に豊富な人の手で一つひとつ丁寧に栽培。独自の品質基準に基づき人の手でチェックされ、基準を満たしたものだけが金赤トマトとして出荷されます。

安定した品質にするために袋の中で育てています。

安定した品質にするために袋の中で育てています。

金赤トマトを安定した味にするために肥料と水を均等に与える必要があります。一定量の培土内で育てることで均一化が実現できます。

積み重ねた経験が濃厚な味につながります。

積み重ねた経験が濃厚な味につながります。

金赤トマトは化学肥料に頼らず有機肥料のみを使用しています。また蜂による受粉など経験に基づいた栽培方法を採用。一つ一つの積み重ねが濃厚な味につながります

テクノロジーも活用しトマトにとって最適な環境を保ちます。

テクノロジーも活用しトマトにとって最適な環境を保ちます。

金赤トマトはコンピュータで管理されたハウスの中で大切に育てられています。温度差、日射量等を細かく制御することで金赤トマトならではの食感や味を作り出します。

この生産者の商品一覧