鴨庄村のりょう農園

兵庫県 丹波市市島町

鴨庄村のりょう農園

創業:2019年11月
食べチョク登録:2020年03月

元々サラリーマンでしたが、農業研修を受け、令和元年に独立し兵庫県丹波市にて自然栽培で農業をしております。
自然にも人にもやさしい作物を育てたいという思いから、
農薬・肥料、除草剤、そして大量のプラごみとなる農業用資材マルチは一切使用しておりません。

研修中は、計算した肥料を施し無農薬で栽培する有機農家さんでお世話になりました。
有機でも自然栽培でも無農薬で育てる大変さは一緒です。しかし、どうしても、肥料が気になりました。
農業に興味をもったきっかけが、木村秋則さんだったということもあり、自然と自然栽培に惹かれ、実際に取り組んでいます。

わたしたちのこだわり

作っている場所

作っている場所

私の農園は、兵庫県丹波市市島町にあります。
丹波市は、水分かれと呼ばれる日本海と瀬戸内海に向かう川の分水嶺にあたり、水の源流域です。
また、市島町は「有機の里」として昔から有機栽培に取り組んできた関西の拠点でもあり、ヘリコプターによる山への農薬散布もありません。
つまり水質がとても良いです。
その丹波市の中の山裾の村で農業をしております。

お米

お米

丹波と言えばコシヒカリ
丹波は美味しいお米がとれる地域です。
寒暖差のある中山間地域で育苗土や苗から自分で作っています。

農業用資材マルチを使わない

農業用資材マルチを使わない

脱プラの観点から農業用資材マルチを使用しません。

美味しさへのこだわり

美味しさへのこだわり

無肥料・無農薬で作っています。ゆーーーっくりと作物は大きくなります。無理に大きくなりません。
お米も昔ながらの籾保管です。土に播けば芽を出す状態で保管し注文を受けてから籾摺りして玄米にする今摺り米です。
自然に逆らわず自然の恵みに感謝。

経歴・沿革

1984年1月  兵庫県伊丹市にて産まれる。
2007年3月  大学卒業
2007年4月  民間企業に就職
2016年11月  丹波市の半農半公制度にて農業研修を受ける。
2019年11月  丹波市にて就農

この生産者の商品一覧