【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)
【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)

【聖護院かぶが美味】自然栽培の秋野菜セット(10品目)


畑を耕さず、生態系を崩さない無農薬・無肥料で育てた天然に近い自然農の秋野菜セット(10品目))となります。

・聖護院大かぶ ー 2本
9月5日に種を下ろし、大きく風格のある形状に成長しました。
享保年間(1716~1736年)に、京都市左京区聖護院の篤農家伊勢屋利八が、近江の国堅田から近江かぶの種子を持ち帰り栽培し、改良を加えたところ、肉質がきめ細かで緻密な品質の良い大かぶが採れました。
聖護院かぶといえば、京漬け物「千枚漬け」の材料として有名です。また、かぶら蒸しをはじめ、サラダでの生食等幅広く利用でき、おいしく食べることができます。
京の冬の味覚を代表する聖護院かぶを、是非御賞味ください。

・天王寺カブ ー約2本
9月13日に種を下ろし、収穫適期となりました。
「野沢菜」のルーツとも言われ、与謝蕪村や正岡子規の俳句でも詠まれているほど古くから親しまれてきました。
一株余すことなく美味しくいただける伝統野菜です。

・宮重総太大根 or 聖護院大根 ー 1本
9月5日に種を下ろし、サイズは中程度ですが、ほのかな甘みとすっきりした食味の伝統固定種です。
自然農の大根は、味や風味が一段と深いとご好評頂いております。

・博多かつお菜 ー3枚
9月13日に種を下ろし、寒さにあたり始め風味が増しつつあります。
アクが少なく、煮ると旨みが多く、ほんのり甘味が感じられます。カツオの出汁が無くても美味しいという事からカツオ菜と呼ばれるようになったとも言われています。

・三池高菜 ー3枚
9月10日に種を下ろし、成長途中ですが寒さにあたり風味が増しつつあります。
明治末頃に青菜と北九州の在来紫高菜との自然交雑により生まれた伝統野菜です。
軽い辛味がアクセントになり、独特の旨味とシャキシャキ感でやみつきになる味で、定番はやはり漬物。
高菜は一般的な青菜のように、炒めたり煮たりと様々な料理にも使えます。

・晩生千筋京水菜 ー1株
9月13日に種を下ろし大株になりつつあります。
日本で生まれた代表的なA型種皮の伝統野菜です。その中でも一般には流通しない結球白菜のような大株に育つ水菜です。
小さめのものはサラダで、大株は漬け物や炒めもの鍋物に利用します。

・赤リアスからし菜 ー1株
9月13日に種を下ろし独特の辛味が増しております。
からし菜の味と京菜の葉型をもったサラダ用菜っ葉です。

・里芋(土垂) ー約6個
5月に種芋を下ろし収穫が始まりました。
肉質はやわらかく、ねっとりとしていて煮崩れしにくいのが特徴です。
ぬめり成分は、胃の粘膜を保護したり免疫力を高めたりするといわれます。

・菊芋 ー約3個
4月に種芋を下ろし収穫が始まりました。
白菊芋はゆでるとジャガイモのように柔らかくなり、あっさりとした味わいが特徴です。
あらゆる料理に利用できますが、特に素揚げは好評です。

・新じゃがいも(デジマ) ー約5個
8月下旬に種芋を下ろし収穫が始まりました。
長崎県で育成され、長崎の「出島」からデジマという名前になりました。
今の時期は新じゃがとなりますので、皮ごと調理でき、きめ細かいじゃがいもです。


※カブは葉付き、大根は葉を落として出荷いたします。
※すべて無農薬・無肥料の自然農で育てました。
※収穫時に大きさが揃わない際は個数変更になる場合があります。
※発送日の朝に収穫して発送いたします。
※100サイズの箱(再利用ダンボール)に入りきる量となります。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る